後味の悪い思い

17 の例文 (0.00 秒)
  • 後味の悪い思いを抱えてこの階段を登ったのは、つい何時間か前のことなのだ。 ...
  • ふと現われた不思議の謎を紐解いても、後味の悪い思いをするだけだった。 ...
  • あの若者とて後味の悪い思いをしているはずだった。 ...
  • 後味の悪い思いをしたに違いない。 ...
  • 後味の悪い思いをしただけでした、伊月君も私も。 ...
  • 弁護士どもの不甲斐なさには、なんとも後味の悪い思いをしたものだが、これで気が晴れたことにするべきだろうか。 ...
  • 妙に、後味の悪い思いが、胸の底に、残っていた。 ...
  • ひどく後味の悪い思いであった。 ...
  • ニコライ一家のことでは後味の悪い思いをしたジョージ五世も、今度は叔母をなんとしても助けようと考えていた。 ...
  • さぞかし後味の悪い思いをするにちがいない。 ...
  • 彼を困らせるだけ困らせたまま年中行事に突入してしまうと、そのあいだずっと引きずって後味の悪い思いをするのはあなたのほうなのだから。 ...
  • ただ、現状としては水の出が悪いとはいえ、3LDKのマンションに無料同然で住み、大人三人子供一人が食っていけるだけの給料を貰っているわけだし、何も光男を無理に放り出して、後味の悪い思いをするよりも、そばに置いて苛々させられている方がましだと思ってしまう。 ...
  • ティアラとの噛み合わない会話を経て、状況を把握したファングとアリンは、今度こそティアラの命を救うことや、後味の悪い思いをしたドルファとの戦いでは不殺を貫くことを決意する。 ...
  • ミチルは、何とも後味の悪い思いを噛みしめながら、それでももう一つ、理江に質問を投げかけてみた。
  • 西風のせいで、放射能をたっぷり含んだキノコ雲が外洋に押し流され、日本に死の灰が降らずに済んだので、水島たちは後味の悪い思いをしないでもよかった。 ...
  • 英二は、「太陽系の危機」といった大義名分をかさに着て、子供の大事にしている玩具を無理矢理とり上げるような、後味の悪い思いを味わった。