後ケ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • お雪が湯から上って来た時分には、後家さんも帰ってしまっていました。 ...
  • だから伯母さまが後家さんの涙を流しても、一緒に泣いてはあげません!
  • 三軒目の後家のおだいは、五十七八のこれは一とつまみほどの老女でした。
  • 父に死なれて、後家を通してきた母の孤独は骨をむものであったろう。 ...
  • このまま、婚家へ止めて置いて一生後家ごけ暮らしをさせるのは不憫である。 ...
  • また太層美僧びそうであつた所から、後家や若い娘で迷ひ込んだ者も大分にあつた。 ...
  • 草庵から、いくさ後家が出て来たので、顔が合うのを避けたのであった。 ...
  • 後家さんは何も知らいでもこの事件は立派に成立する可能性がある。 ...
  • 君は後家さんになるのだ、気ちがい男の後家さんに、それだけのことさ。 ...
  • だから、早くから山ほどの財産を後生大事に、若後家を通してきたのだ。 ...
  • なぜあの女を「後家」とよんでは悪いかというわけがこれでよくわかった。 ...
  • ごくのお婆さんとか、ごくの醜婦しゅうふでなければ、後家でいる者はまれである。 ...
  • しかも崖下の後家さんの家じゃ何時になっても起き出してこない。 ...
  • ここに夫に死に別れた後家さんが娘をタイピストに出しているとする。 ...
  • 私の人殺しの真実の動機を教えてくれたものはあの後家さんです。 ...
  • 六ちやんの家ではお母さんが後家さんで六ちやん達を育てゝ居ました。 ...
  • 女は後家ごけになるまで楽が出来ないというのはあいつの口ぐせです。 ...