後ろに束ね

29 の用例 (0.00 秒)
  • おずおずと店内に入っていくと、かつてあごまで伸びた茶色の前髪を後ろに束ねていた武田が、さっぱりとした髪型となって、ワイシャツにネクタイ姿で働いていた。 稲泉連『僕らが働く理由、働かない理由、働けない理由』より引用
  • 金色の頭髪・髭であり、髪は後ろに束ねている。
  • 髪は、後ろに束ねている。 喜多嶋隆『島からのエア・メール』より引用
  • 上品な顔だちと後ろに束ねた長い髪、そして静かな物腰は、間違いなく隼斗と同じ陰陽師の安倍北麿だった。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 彼女は長い黒髪を白絹で後ろに束ね、黒い縁どりをした黄色い上衣を着、空色の乗馬〓に黒い長靴をはいていた。 駒田信二『中国妖姫伝』より引用
  • 維新志士時代は長髪を後ろに束ねたオールバックの髪型だったが、全身火傷を負ってからは包帯を全身に巻いたミイラのような姿となる。
  • 真っ赤に染めた髪を後ろに束ねて垂らし、その肩にRPG、腰にFNハイパワー、背負った背嚢に予備弾頭三本という重武装でやって来るのは俺の全財産を一夜にして蕩尽させたあの女に間違いなかった。 押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用
  • 金髪を後ろに束ね、薄化粧にルージュだけをひいている。 帚木蓬生『受精』より引用
  • いま、長い髪を後ろに束ね、白いシャツと、ブルーのサイドパネルパンツ、ロングブーツといった姿の篠芙は、明煌の知らない若者のようだった。 山藍紫姫子『花夜叉』より引用