後ろに束ね

29 の用例 (0.00 秒)
  • 銘仙の着物を着ていて、髪を後ろに束ねた女で、険しい表情をしていた。 吉村昭『東京の戦争』より引用
  • 後ろに束ねたロングヘアーが印象的であり、女性の表現には独特の味がある。
  • 長い髪を後ろに束ねていて、やや小柄だが、すらりとした若い女性だ。 西風隆介『神の系譜Ⅴ 竜の時間 亡国』より引用
  • 広告業界の人間というより大学生のような服装も、キリッと後ろに束ねた髪も。 喜多嶋隆『島からのエア・メール』より引用
  • 豊かな髪の毛を後ろに束ねている以上は僧侶ではないのだろう。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 長く黒い髪を後ろに束ねたそれの眼や鼻や口は、わずかに渦を巻くようにゆがんでいた。 牧野修『アロマパラノイド 偏執の芳香』より引用
  • 彼女は漆黒しっこくかみを後ろに束ね、そのまま背中に流している。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 長髪を後ろに束ねた美青年で思いやりが深く誰からも愛される。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • 少し麦わら色がかった金髪を、後ろに束ねて、青いバンダナを結んでいた。 喜多嶋隆『水平線ストーリー』より引用
  • 影の主は、一人が見かけない珍しい僧衣のような着物を身につけた青年で、もう一人は髪を後ろに束ねて長く垂らした巫女姿の少女だった。 千秋寺亰介『怨霊記 1 四国結界篇』より引用
  • ぎんが答えると、後ろに束ねていた髪がかすかに揺らいだ。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • どういう訳か、この前と違って、後ろに束ねてあった髪を、顔のほとんど左半分をおおうように前へ垂らしている。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 滝子が長い髪をゴムで後ろに束ねながら、じろりと野々村を見返した。 小池真理子『仮面のマドンナ』より引用
  • そして後ろを向くと、後ろに束ねた髪と、色落ちさせた細身のジーンズのきれいなしりのラインを見せて、部屋のほうへ歩いていきながら「入って」と言った。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • 蜂蜜色はちみついろの金髪を無造作むぞうさに後ろに束ね、今の時代にはわりと珍しい白衣を着用しています。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 時枝は長いストレートの髪を後ろに束ねて、掃除を始めた。 ヒキタクニオ『消し屋A』より引用
  • 儀式以後は童妓時代に後ろに束ねて垂れ下げていた髪を上げて髪飾りなどを付け、キーセン独特の髪型になる。
  • 思いに耽っていると、髪を後ろに束ね、絹の衣装をまとった女官があらわれて、儀式の開始を告げてきた。 咲村観『上杉謙信地の巻』より引用
  • 後ろに束ねた髪は、ほとんど白髪だった。 喜多嶋隆『天国からのメール』より引用
  • 髪は長めでゴムで後ろに束ねている。 山田悠介『リアル鬼ごっこ』より引用
  • 次へ »