後ほど

全て 副詞
183 の用例 (0.00 秒)
  • 私たちは、後ほど、この件を私たちなりに次のように解釈しましたの。 カフカ/谷友幸訳『城(下)』より引用
  • 何故、大佐が結婚を昭和二十九年にしたかは、後ほどにまわします。 久坂葉子『幾度目かの最期』より引用
  • 後ほど玄児に訊いてみようと決めて、私は舞踏室をあとにした。 綾辻行人『暗黒館の殺人(上)改訂06 02 08』より引用
  • しかしながらあのあやしきをとこをんなをよく取調とりしらべてのちほど報告はうこくしてもらひたい。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 66 20080623』より引用
  • 検証して頂いた内容については、後ほど記事にも反映させたいと思います。
  • 後ほど電話をするから、そのとき迎えにくるようにとおっしゃったもんですから。 横溝正史『金田一耕助ファイル19 悪霊島 上』より引用
  • だから、後ほど、客が皆帰り去った後にも、彼のみはこゝに残るのである。 レニエ『燃え上る青春』より引用
  • これは後ほど地の部分を染める際に模様部分を防染するためである。
  • 集めた標本類は整理いたしましてから目録をつくって後ほど持って参ります。 宮沢賢治『ポラーノの広場』より引用
  • のちほどと云ったから、今にめしの時にでも出て来るかも知れない。 夏目漱石『草枕』より引用
  • もし必要であれば、私のほうから後ほど教授に相談致しますし。 椹野道流『鬼籍通覧1 暁天の星』より引用
  • 凶器は鑑識に回してありますので、後ほど写真でご覧いただきましょう。 有栖川有栖『あるYの悲劇』より引用
  • この不祥事ふしょうじに関しては後ほど正式に抗議こうぎさせていただきますわよ? 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 05』より引用
  • 決して、後ほどトイレに隠れてそっと自分の口に塗ってみよう、とか思ってはいない。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第06巻』より引用
  • 後ほど、電話を入れてから訪問をしてみることにする。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • 彼の助言を忘れなかったことは後ほどわかるはずである。 ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(1)』より引用
  • だから後ほど、名だけ法師で半俗生活を営んで居るものが殖えて来た。 折口信夫『女房文学から隠者文学へ』より引用
  • 紗枝子は「お先に」と言い、浅見は「後ほど」と言ってその場を離れた。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)下』より引用
  • 後ほど、副社長さまと和正さまがおみえになりましたら、そのように御案内いたします。 皆川博子『光源氏殺人事件』より引用
  • むろん、後ほど私が指示する方法で五十万フランはお戻しねがわなければなりません。 ルブラン/野内良三訳『ルパン対ホームズ』より引用
  • 次へ »