後の祭り

全て 名詞
238 の例文 (0.00 秒)
  • しかし社長がもう決めてしまっていたため、後の祭りだったそうである。 ...
  • 後にそれが誤解であったことに気づいたが、もはや後の祭りであった。 ...
  • 思わずあッとさけんで、うでをあげて顔を隠しましたが、あとのまつりです。 ...
  • だが、そのときは、後の祭りで手を打つことなどできるわけもなかった。 ...
  • 刺した後で間違いに気がついたとしても、もはや後の祭りというわけです。 ...
  • 狂気のように連呼するのだが、今となってはすべてが後の祭りなのだ。 ...
  • 学校名ぐらい聞いておけばよかったと思うが、それも後の祭りだ。 ...
  • おそらくそんなつもりではなかったのだろうが、すでに後の祭りだ。 ...
  • 受け取ったあとに文句を言ったしころで後の祭りだからと。 ...
  • ウソつけ、一発も撃っていないはずだと地団駄ふんでも後の祭りである。 ...
  • 最初に下足箱をチェックするべきだったと思っても、後の祭りである。 ...
  • 何より先に、吐瀉としやさせるのだったと考えたが、もうそれもあとの祭りだった。
  • そこで翌二十日の午前中にきてみたんですけえど、そのときは後の祭りでした。 ...
  • ああそういう手もあったのか、と気がついても、これは後の祭り。 ...
  • 彼は後になってそれを悔んだけれど、もはや後の祭りであった。 ...
  • 島にプールを作るということは大変にお金のかかることであったと、わかったのは後の祭り。 ...
  • 朝起きた時にしまったと思ったが、もう後の祭りである。 ...
  • 次へ