後に回想

29 の用例 (0.00 秒)
  • 「丸善に払う為に私は原稿を書き始めたのである」と後に回想している。
  • 後に回想で「一歩間違えると自分も巻き込まれていただろう」と述べている。
  • スケートを始めるにはギリギリの年齢だったとサボルチは後に回想している。
  • この出会いをウォレスは「図書館で誰かに紹介されたと思う」と後に回想した。
  • 書類を燃やしながら涙が止めどなく流れたと後に回想している。
  • このころには、日本映画の名画座となっており、小説家の田中小実昌もよく通ったと後に回想している。
  • 引退時は、血尿が出るほど体調が悪く、到底プレーに耐えうる状態ではなかったと引退後に回想している。
  • 競泳でも全員が自己記録を縮め、日本女子水泳陣のオリンピック初参加として上々の成果だったと後に回想している。
  • 彼は後に回想している。
  • 師弟の、余りにもその前近代的なトレーニング方法には疑問視する向きもあったが、山田自身はその批判に開き直ったと後に回想している。
  • これは当時としてはもっとも勇気を要することであったが、折口も後に回想するごとく、これらの歌を制作し発表し得たことは、はなはだしい倖せであったというほかはない。 池田弥三郎『手紙のたのしみ』より引用
  • 類纂形態の写本には、他に前田本が存在するが前田本は随想・類想章段の後に回想章段がまとめられている点が堺本との相違である。
  • またマルクス主義者でもあったが、ルイセンコ事件で科学的妥当性よりも政治を優先した科学者を目の当たりにし、マルクス主義を捨てたと後に回想した。
  • 選手生命を絶たれる恐れもあったが、当時は日本代表への思い入れだけでリスクなど全く考慮に無く、「あの時は、狂っていたのかも知れない」と後に回想している。
  • 彼は後に回想録で「およそ60年間にわたる公人としての生活の中で、私は周恩来よりも人の心をつかんで離さない人物に会ったことはない」と語っている。
  • ただその芸は日々の勉強に裏打ちされたものであり、左卜全自身、「私の芸はぶっ倒れそうになりながら絞り出たものであり、自分自身、芸の世界に入ってからというもの毎日が死以上の苦しみであった」と後に回想している。
  • 高師の主将だった田中もこの試合に出場、ドイツ人の技術の高さに驚き、ボールに触れなかった、ヒールキック、サイドキックを初めて見たと後に回想している。
  • かもめのパピー役であった神谷明はまったく未経験の大阪弁をレッドルース役の北村弘一から直接、教えてもらい、声優としての幅を広げた作品であると後に回想している。
  • タイガーマスクとしてリングに上がるが、渡されたマスクやコスチュームの出来の悪さに泣きそうになったと、後に回想している。
  • 幼少の頃から読書を好いたと、成人後に回想している。
  • 次へ »