後で述べる

52 の用例 (0.00 秒)
  • 後で述べますが、西郷が江戸に帰って来ますと、西郷にも試みるのです。 海音寺潮五郎『さむらいの本懐』より引用
  • 後で述べるように、反芳香族化合物は例外的に高い反応性を有する。
  • これと同じ行動は後で述べる陸軍の最初の特攻出撃にも見られる。 御田重宝『特攻』より引用
  • スエヒロは、前・後で述べる通り、暖簾分けで全国に展開されている。
  • 木製の軸もあるが、金属製の方が後で述べるように、より凝った扱い方が出来るようになる。
  • 俳優の場合は、特にこれが必要だと思う所以は後で述べますが、決して、顔かたちが人より美しいというようなことを指すのではありません。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • なお、同じく舞鶴市内にて運行している自主運行バスについても、後で述べる。
  • しかし、後で述べるように、まもなくヴァレリーは、だれとも何にも話ができなくなってしまった。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』より引用
  • この意味を知っているということは尋常な知識ではなく、後で述べるように、玉遥樹はまさに尋常な者ではない。 酒見賢一『後宮小説』より引用
  • 幼い日吉丸を豊臣秀吉と呼ぶのがおかしいと同様にヘンテコなことなのだが、それは後で述べる。 阿刀田高『楽しい古事記』より引用
  • この海兵五十期出身の佐多司令と大西瀧治郎中将との経緯は後で述べなければならない。 御田重宝『特攻』より引用
  • したがってまた、後で述べる器の破壊に関するルリアの理論も、狭い劣悪な地区のうちに追放されているユダヤ人の流謫の産物なのではないかと考えていた。 小岸昭『スペインを追われたユダヤ人 ―マラーノの足跡を訪ねて』より引用
  • 魔女の正体については後で述べるが、彼らがどんな魔力を持つにせよ、彼らの予言は王の殺害を命じたわけでもなく、直接殺害を示唆しているわけでもない。 シェイクスピア/三神勲訳『マクベス』より引用
  • このノートがどうして私の手にはいったか、ということについては、いずれ後で述べる機会もあると思うから、ここでは触れないことにするが、彼の特異な性格について、いちおう説明しておくことにしよう。 高木彬光『わが一高時代の犯罪』より引用
  • なお、新温泉町に合併される前の旧浜坂町にて運行していた、浜坂町営バスについても、後で述べる。
  • 後で述べる熊本藩細川家の堀内ほりのうち伝右衛門もそうであった。 野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』より引用
  • 後で述べますが、日本を含む先進諸国では、オビ=ワン・ケノービのような精神的指導者を尊重していません。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 第三十八師団については後で述べる。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • なお、コミュニティバスと同様に高島市にて運行している乗合タクシーについても後で述べる。
  • 後で述べるように、日本の寒冷地域において特に鉄道での凍上被害が甚大であり、その対策の為に日本における凍上研究は始まったと言える。
  • 次へ »