後で知ったこと

38 の用例 (0.00 秒)
  • これも後で知ったことだがこの烟を人間は煙草たばこと称しているようである。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • これも後で知ったことだが、この白い液体は牛乳というものだったらしい。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 後で知ったことだが、彼の住居は素子の家とは正反対の方角であった。 森村誠一『致死家庭』より引用
  • そして後で知ったことであるが、次の水溜まりまではかなり遠い距離があった。 ヘディン/岩村忍訳『中央アジア探検記』より引用
  • 後で知ったことだが、鈴見さんは僕に殺される前に自分の家族を殺していたらしい。 虚淵玄『沙耶の唄 離別エンド』より引用
  • 後で知ったことだが、あの〝w〟は〝〟という意味なのだとのことだった。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集08 悩んでられない八方塞がり?』より引用
  • 後で知ったことだが、あの人は県内の古書店ではほとんど本を買わない人だった。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~』より引用
  • これは後で知ったことだが、実は菅原氏もひとつの思いちがいをしていたのである。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • 後で知ったことだが、その写真の岩壁にある溝をクーロワールと呼ぶのだそうである。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • イタリア語で「馬鹿」を意味するのは後で知ったことである。
  • 瀬戸の夕凪ゆうなぎが私を救ってくれたのだとは後で知ったことである。 時実新子『言葉をください 新子の川柳エッセイ』より引用
  • 後で知ったことだが、それはその人の癖だった。 万城目学『ホルモー六景』より引用
  • 後で知ったことだが、翌年に定年退職の予定ということだった。 佐竹一彦『ショカツ』より引用
  • 後で知ったことだが、これを聞いたため、この近所では鬱病にかかる連中が続出したという。 菊地秀行『トレジャー・ハンター17 エイリアン黒死帝国 上』より引用
  • 後で知ったことだが、母親がアンダルシア出身のため、日本人に似た風貌ふうぼうなのだという。 野沢尚『龍時(リュウジ)01─02』より引用
  • これは後で知ったことだが、主人は小説を書く前、長いこと公共放送の学校放送の台本を担当して生計をたてていた。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 後で知ったことだが、われわれが相手をさせられたこの連中は、頭脳がすぐれているので選ばれたのだ。 バローズ『火星シリーズ09 火星の合成人間』より引用
  • それが俗にいう、身勢打鈴シンセタリヨンであるとは後で知ったことである。 李成『砧をうつ女』より引用
  • 後で知ったことだが、雷震は元抗日パルチザンの馬賊マーツエイだったという。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • 後で知ったことだが、試験に受かった段階で、警察庁がわたしを入庁させることを決めていたという。 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』より引用
  • 次へ »