後でわかつ

6 の用例 (0.00 秒)
  • 後でわかつた事だが、これは貴島に對しても佐々に對しても、その他のどんな人間に對しても同じだつた。 三好十郎『肌の匂い』より引用
  • 後でわかつた事なんですが、國友さんはあなたから話が有つたためか、國友さん自身の何かの氣持のためか、その前から、身内の連中に、僕を追いかけまわすのはよせと言つて止めていたそうで、あの晩のことも國友さんは全然知らないことだつたそうです。 三好十郎『肌の匂い』より引用
  • 後でわかつたのですが、ルリの住んでいるアパートと言うのが、やつぱり此の式のもので、しかも、此の家から、いくらも離れていないうぐいす谷に有つたのには驚ろきました。 三好十郎『肌の匂い』より引用
  • 後でわかつたのですが、ベーレン島の東北の沖合にラタム号の機体の破片が見出され、この事から、ラタム号は不時の故障で海中に墜落したものと推察されてゐます。 豊島与志雄『北極のアムンセン』より引用
  • 後でわかつたが、それが佐々兼武だつた。 三好十郎『肌の匂い』より引用
  • これは後でわかつた事ですが、峠宗壽軒たうげそうじゆけんの前身は、駿河大納言忠長するがだいなごんたゞながの臣で、本草學の心得があるのを幸ひ、京都に行つてその道の蘊奧うんあうきはめ、身分を隱して大塚御藥園を預るまでに出世したのです。 野村胡堂『銭形平次捕物控』より引用