後でわかったこと

39 の用例 (0.00 秒)
  • 後でわかったことだが、二人の雑兵は幸四郎さんと又五郎さんであった。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • ところが、ずっと後でわかったことだが、母は強い人ではなかったのである。 森瑤子『終りの美学』より引用
  • 後でわかったことには、三八連隊の合図の銃声は九連隊には聞こえていなかった。 竹内久美子『パラサイト日本人論 ウイルスがつくった日本のこころ』より引用
  • 後でわかったことだが、警察に通報したのはレストランの店員らしい。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 後でわかったことだが、いくらも眠ってはいなかったらしい。 池波正太郎『剣客商売 12 十番斬り』より引用
  • もっとも後でわかったことではあるが、彼女は彼を信じたのではなく、要するにだれでもよかったのだ。 リルケ/星野慎一訳『マルテの手記』より引用
  • 後でわかったことだが、この二人は、永井日向守ひゅうがのかみ・江戸屋敷にいる藩士であった。 池波正太郎『剣客商売 04 天魔』より引用
  • 後でわかったことだが、それは秘密を守るためというより、日程とか内容について書きようのない訓練であったからである。 城山三郎『勇者は語らず』より引用
  • 後でわかったことだが、茶店の裏手へまわるつもりであったらしい。 池波正太郎『剣客商売 13 波紋』より引用
  • 後でわかったことだが、占いは気にしていたのだ。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • 後でわかったことだが、彼もまたそうだった。 森瑤子『ママの恋人』より引用
  • 後でわかったことだが、わたしの大まかな見当も、ほんとうの人口数にはおよばなかった。 バローズ『火星シリーズ09 火星の合成人間』より引用
  • 後でわかったことだが、この人が浅原警部であった。 横溝正史『蝶々殺人事件』より引用
  • 後でわかったことだが、これは私の思い過ごしだった。 クリスティ/中村妙子訳『牧師館殺人事件』より引用
  • 後でわかったことだが、三沢又太郎は徳太郎の家に匿われるようになって、嘘ではなく安心感をおぼえたらしい。 池波正太郎『雲ながれゆく』より引用
  • 後でわかったことだが、衛星の受信テープに記録されているはずの発信地の欄も空白だった。 菊地秀行『魔界都市〈新宿〉』より引用
  • 後でわかったことだが、この着物というのが、たしか昨夜まで、五十嵐氏の着ていた平常着ふだんぎにちがいないというのであった。 横溝正史『憑かれた女』より引用
  • 後でわかったことだが、どうやら恋愛問題で逃げ場をさがしていた時だったので、かくも敏速に事がはこんだようだ。 水木しげる『ねぼけ人生』より引用
  • これは後でわかったことであるけれど、浦安とは、地下鉄東西線の快速に乗車すれば、日本橋から十八分で到着するのである。 山口瞳『酔いどれ紀行』より引用
  • もっともそれは後でわかったことですが、とにかく鉄砲を持っていらして、猟でもなさりながら迷い込んだらしいのです。 クレランド/江藤潔訳『ファーニィ・ヒル』より引用
  • 次へ »