後でふれる

10 の用例 (0.00 秒)
  • このことは重要な問題なので後でふれる。 御田重宝『特攻』より引用
  • 後でふれるが、敵の泊地攻撃でなく、洋上に出て走っている艦船の攻撃に「回天」を使用するようになるが、それでさえ潜水艦から発射する訓練を、多い人で数回やった程度である。 御田重宝『特攻』より引用
  • この虎三郎筆の「象山詩鈔の跋」を激賞したのがさきに名のでた中村敬宇であるが、それについてはもうすこし後でふれることにしよう。 松本健一『われに万古の心あり』より引用
  • この人のことについては後でふれるが、大西中将が、特攻についてどのような考えを持っていたか、を追跡する上で参考になろう。 御田重宝『特攻』より引用
  • この訓練事故については後でふれる。 御田重宝『特攻』より引用
  • 後でふれるが、賢亮は幼少にして洋右より一足先にアメリカに渡り、三雄もアメリカ生れで、長男の五郎は今でもテキサス州サンアントニオ市に住んでいる。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • この問題については後でふれる。 御田重宝『特攻』より引用
  • 後でふれるが、海軍が神風特攻隊の戦果と氏名を敷島隊に限って海軍省公表としたのに比べ、陸軍は十一月十三日以後、十二月十七日まで、十一回にわたって大本営発表を繰り返し、戦果と氏名を公表した。 御田重宝『特攻』より引用
  • ただし、後でふれるように、離島などでは、野生化したイエネコであるノネコが、特に希少種の生存を脅かすものとして、マングースや野犬とともに自然環境保護の上で問題となっている。
  • が、この裏には大和隊の久納好孚中尉、佐藤馨上飛曹の死など通算六回にわたる出撃、それに後でふれるが、最初に戦果をあげた菊水隊の出撃が隠れているのである。 御田重宝『特攻』より引用