後あじ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • だがその彼にしても、刑事の訪問を受けた後味はいいものではなかった。 ...
  • 自分の遊びみたいな願いで人間に消えられては後味が悪いからってね。
  • 後味は悪いが、とにかくこれで町で起きていた昏睡事件はなくなったんだ。 ...
  • 後味の悪い思いを抱えてこの階段を登ったのは、つい何時間か前のことなのだ。 ...
  • 今から振り返ってみると、あまり後味のよくないこともいくつかやっている。 ...
  • そのかぎりではうまくいったようだが、あざむいた後味の悪さは消えない。 ...
  • ふと現われた不思議の謎を紐解いても、後味の悪い思いをするだけだった。 ...
  • あとあじの悪い事件を象徴するかのように、今日の大川は雨であった。 ...
  • 石鹸や洗剤を使うとコーヒーに嫌な後味が出るので使うべきではない。 ...
  • 口の中にスープの味ではない、もっと別の後味の悪さが残っていた。 ...
  • 残ったのは、こちらが警戒してしまったことの後味の悪さだった。 ...
  • 殺人の後の死体処理かなんぞでもするようないやな後味がつきまとった。 ...
  • 此の感じだけは、今なお、いやな後味を引いて私の胸に残っている。 ...
  • 甘さがくどくなく後味がよいため、和菓子の高級材料として使用される。 ...
  • しかし、今度ばかりは気の進まない、後味の悪い役目になりそうだった。 ...
  • 物語としてはこのノーマルが一番綺麗で、案外後味もいいかもしれない。 ...
  • 後味は悪いが、この事実だけは妖怪に気取けどられずにおかなければなるまい。 ...