待ってもらおう

17 の例文 (0.00 秒)
  • 「図書館通りで待ってもらおうか」 偶然に口から出た言葉だった。 ...
  • よっぽど、声をかけて待ってもらおうかとも思います。 ...
  • すると内藤は、朴との試合が終るまで返事を待ってもらおう、と呟くように言ったのだ。 ...
  • くるわの亭主にようたのんで、見世みせに出るのを五日待ってもらおう。 ...
  • 「どうしよう、待ってもらおうか」 妻から見ればさらしヽヽヽ首が喋っているように思えるであろう姿勢で、俺は視線を水平にして妻を見た。 ...
  • いいえ、どうぞそうさしておくんなさい、大したことならば帰るまで待ってもらおうし、そんなでも無いならつかって可いのを持っているから。
  • 「待ってもらおう」 男はついにいった。 ...
  • 「あの、すみません」 とりあえずあり金すべてを置いて、残りはちょっと待ってもらおう。 ...
  • 「身支度するまで、ちょっと待ってもらおう」 本宮は尊大な口調を取り戻していた。 ...
  • しかし、ぼくがなにか食い終るまで待ってもらおう。
  • しばらく待ってもらおう。
  • 「ちょっと待ってもらおうかい」「待ていうのはわしのことかい」「そうよ」「乙に時代に出かけたな」と双方にらみ合いとなって、ついに争いとなる。 ...
  • よし、ここはもうちょい待ってもらおう。 ...
  • 「見覚えがないかも判らないよ」 「おっと、待ってもらおうか、私は其処の用人だから、毎日詰めていない日はないが、この私が知らない人が、その邸にいるわけがないよ、きっと邸の名前がちがっているのだろう」 用人はまた嘲笑った。 ...
  • 「おお、その舟、ちょっと待ってもらおうか」 佐七が声をかけたせつな、あいてはもうこれまでと思ったのか、こぐ手をやめると、いきなり葛籠に手をかける。 ...
  • その男が、伊丹屋の角をまがろうとしたとき、 「おい、兄さん、ちょっと待ってもらおうか」 佐七が声をかけるとともに、三人はバラバラと天水桶のかげからとび出したが、いや、そのときのあいての驚いたこと。 ...