待ち遠しい

全て 形容詞
185 の例文 (0.01 秒)
  • その祖父の帰りが待ち遠しくて、夜になるとあてもなく迎えに出かけた。 ...
  • それからはただただ大人になるのが待ち遠しい日々を過ごしていました。 ...
  • こんなにも待ち遠しい思いをしたことは、これまで一度もありませんよ。 ...
  • 次の日の夜まで、なんという長く待ち遠しい一日であったことだろう。 ...
  • ただ二人の子供がございますが、老い先ははるかで待ち遠しいものです。
  • 早くバードがこの場によみがえってこないかと、待ち遠しい気さえした。 ...
  • 考えるのをめたお陰で、それを知る瞬間が待ち遠しく、楽しみだった。 ...
  • 待ち遠しくもあるが、終わりがいつまでも来なければいいのにとも思うのだ。 ...
  • 近年急に年を取ったせいか毎年春の来るのが待ち遠しくなった。 ...
  • そう思ったほどに、わたしには彼の訪問が待ち遠しかったのである。 ...
  • その日は父の帰りが待ち遠しくて、顔を見るなりたずねてしまった。 ...
  • この次の号は、どちらが正しいと説明するのか、彼は少し待ち遠しくなった。 ...
  • 待ち遠しいが、もし予定より早く船団が現れたら激しく落胆するだろう。 ...
  • ああ、その日の暮れるのがどんなに待ち遠しくおもわれたことでしょう! ...
  • 学校がない日がこんなに待ち遠しいと思ったことは初めてです。 ...
  • そう考えますと、私は酒宴の終るのが待ち遠しくてしようがありません。 ...
  • ここを抜ければ新しいなにかが訪れる、そんな待ち遠しい思いでいました。 ...
  • 次へ