待ち伏せ

全て 動詞 名詞
2,492 の用例 (0.01 秒)
  • ここで足を止めてはこっちが待ち伏せに気づいたことを知らせてしまう。 田中哲弥『大久保町の決闘』より引用
  • なぜって、やつらは僕たちを待ち伏せしていたように見えたじゃないか? ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • どうして彼らは、私が雑誌社から出てくるところを待ち伏せできたのか? 山本弘『神は沈黙せず』より引用
  • 魚食性のワニのように獲物を待ち伏せて生活していたと考えられている。
  • おまけにぼくたちの先まわりをして城を占領し、待ち伏せをしていると? ディクスン『ドラゴンの騎士〔下〕』より引用
  • 先に待ち伏せている宝蔵院衆は十人以上だと聞かされているからだった。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • それとも奴らは私がここにいることを知って、待ち伏せしたのだろうか。 伊岡瞬『いつか、虹の向こうへ』より引用
  • 深夜に少女を待ち伏せしていたのが、松永だったことはまず間違いない。 赤川次郎『殺意はさりげなく』より引用
  • 問題は二つ目の理由、毎日通学路で待ち伏せしている友人の存在である。 白瀬修『おと×まほ 第02巻』より引用
  • どんな危険が待ち伏せていても、彼女にはそれだけの性的魅力があった。 森村誠一『致死眷属』より引用
  • 連中がここで待ち伏せをかけていた以上、ゴーストも近くにいるはずだ。 大迫純一『ゾアハンター 03 復讐のエムブリオ』より引用
  • 僕が深夜に彷徨する癖があることを知っていて待ち伏せしていたのだ。 花村萬月『ゲルマニウムの夜 王国記』より引用
  • それとも、これも偶然じゃなくて、待ち伏せみたいなものだったのかな。 川島誠『800』より引用
  • しかし罠の地点に敵が戻ってきて逆に待ち伏せしている可能性もある。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 05 5121小隊 episode ONE』より引用
  • 穴の中に、少女にショックを与える仕掛けが待ち伏せているに違いない。 森禮子『モッキングバードのいる町』より引用
  • 反乱軍そのものも何度か待ち伏せにあって殺されそうになっていた。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • しかし、犯人は、田園調布の彼女の家の前で待ち伏せしていたのですよ。 西村京太郎『夜ごと死の匂いが』より引用
  • 紋次は雪の降っているうちにここへきて、お蝶を待ち伏せしていたんだ。 横溝正史『人形佐七捕物帳 10』より引用
  • だから、犯人はレストランの駐車場で待ち伏せしていたんじゃないの? 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 待ち伏せしていた男は、その風を計算に入れていなかったんだと思いますね。 西村京太郎『札幌着23時25分』より引用
  • 次へ »

待ち伏せ で始まる単語