往復増発

28 の用例 (0.00 秒)
  • 日中時間帯に常陸大子駅 - 郡山駅間で1往復増発される日がある。
  • 名阪特急・阪伊特急をそれぞれ1往復増発し、いずれも3往復の運転となった。
  • 生駒線では日中に9往復増発され、20分間隔から15分間隔に変更された。
  • ただし、廃線間際には、臨時列車が数往復増発されて、毎時2往復運転されていた。
  • さらに1969年には天王寺駅 - 白浜駅間運行の臨時列車を1往復増発している。
  • 年によって多少の変遷はあったが、オフシーズンは鉄原~内金剛間には3往復の電車運行であったものを、観光シーズンには1往復増発する形を取ることが多かった。
  • 翌昭和41年春のダイヤ改正で夕方に1往復増発され、さらに昭和45年秋の改正で昼間に4往復増発された。
  • この変更によって大阪阿部野橋駅 - 橿原神宮前駅間の区間急行が4往復増発されるなど、27本が増発された。
  • 気動車では需要に応じた増結が難しいことから、1963年5月に予定されていた同区間の全線電化に合わせ、各国鉄はこの区間のTEEを電気機関車牽引の客車列車とし、さらにパリ - ブリュッセル間で一往復増発することを決めた。
  • このほか、名阪甲特急が2往復増発された。
  • その後、1972年に博多駅 - 大分駅間に485系電車を充当して1往復増発され、1974年4月25日に南宮崎駅まで電化が延長されたのを受けて485系充当の列車は宮崎駅まで延長された。
  • 利用が好評であったため、1962年に大阪駅 - 姫路駅間で「但馬」と併結する列車が1往復増発され、一部は新見駅まで運転された。
  • その後、紀勢本線が1959年7月15日に全通したのを機に、毎日運行の臨時列車を1往復増発して、2往復となった。
  • また、2006年9月に土曜・休日運休の臨時列車が朝に1往復増発されたが、2007年3月のダイヤ改正で定期列車に格上げされている。
  • そして、「あさしお」に使用されていたキハ181系車両を利用して「はくと」が2往復増発され、また「スーパーはくと」を含めて全列車が京都始終着に延長された。
  • 当初1日2往復の運行であったが、2013年3月16日のダイヤ改正で1往復増発されて1日3往復の運行となっている。
  • なお、2007年3月から土讃線の臨時特急「ホームエクスプレス高知」の運転にあわせて深夜に臨時列車扱いの「ホームライナーあき」という名称で1往復増発されていたが、2008年3月15日のダイヤ改正で廃止された。
  • これは、前日の15時の気象庁情報で、翌朝6時から12時までの降水確率が50%以上の場合に、平日朝に1日当たり4往復増発するものだが、輸送力増強のために気象情報に関わらず運行されることもある。
  • また、1985年3月のダイヤ改正では紀勢本線の「くろしお」を4往復増発する際、他地区で余剰となっていた485系44両を日根野電車区に配置し充当したが、諸事情により翌1986年11月1日のダイヤ改正で福知山運転区と南福岡電車区に全車転出した。
  • 特急「サンダーバード」に新製車両683系4000番台を投入したほか、特急「はくたか」を1往復増発して13往復とし、毎時1本程度運転されるようになった。
  • 次へ »