彼女は蒼白い頬

4 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女は蒼白あおじろい頬へ少し血を寄せた。 夏目漱石『行人』より引用
  • 彼女は蒼白あおしろほおに無理な微笑をたたえて津田を見た。 夏目漱石『明暗』より引用
  • と、彼女は蒼白い頬を、といっても不健康な蒼白さではないが、その左の頬をそっと押さえてみせた。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • それから彼女は蒼白い頬をごしごしこすっている。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用