彼女は蒼白い

9 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女は蒼白い顔をして、浮かぬ表情で往来の方を眺めていた。 松本清張『球形の荒野 新装版(上)』より引用
  • 彼女は蒼白い顔をしていて、眼がくぼんでいたが、その表情には、何か人を容赦しないものがあった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 中巻』より引用
  • 彼女は蒼白あおじろい頬へ少し血を寄せた。 夏目漱石『行人』より引用
  • 彼女は蒼白あおしろほおに無理な微笑をたたえて津田を見た。 夏目漱石『明暗』より引用
  • と、彼女は蒼白い頬を、といっても不健康な蒼白さではないが、その左の頬をそっと押さえてみせた。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • 赤い国産のスポーツカーが横に停っているのを見ながら、十津川たちが入って行くと、彼女は蒼白い顔で矢代の遺体を見つめていた。 西村京太郎『寝台急行「天の川」殺人事件』より引用
  • 彼女は蒼白い空を見上げた、そうして、ただ、「そう、今日のパーティは大成功だったわ」と考えるだけだった。 マンスフィールド/江上照彦訳『園遊会』より引用
  • それから彼女は蒼白い頬をごしごしこすっている。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • パディントンの家で見た彼女は蒼白い顔をした物静かな婦人に思われたが、法廷での彼女は、地味な背景に対して、炎のように輝き、熱帯に咲くあでやかな花のようにふるまった。 クリスティ/松本恵子訳『情婦…クリスティ短編集』より引用