彼女の蒼白い

13 の用例 (0.00 秒)
  • 二つの黒い孔のような目をした彼女の蒼白い顔は、炎につつまれたようだった。 コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』より引用
  • 二人とも、彼女の蒼白い顔や黒い僧服を見てひどく感動していた。 チェーホフ・アントン『大ヴォローヂャと小ヴォローヂャ』より引用
  • 彼女の蒼白い頬には、瞳のあたりまでくれなゐの色が上つてゐた。 素木しづ『幸福への道』より引用
  • 彼は卑弥呼の頭の傍へ近寄って片膝つくと、両手で彼女の蒼白あおじろほおなでてみた。 横光利一『日輪』より引用
  • 自分は彼女の蒼白あおじろほおの色を炎のごとくまぶしく思った。 夏目漱石『行人』より引用
  • 彼女の蒼白い顔に険を湛えてるのを見て取って、彼は少し云い渋った。 豊島与志雄『人間繁栄』より引用
  • 彼女の蒼白い疲れきった顔には幸福なほほえみが漂っている。 チェーホフ・アントン『天才』より引用
  • 暗い鉄橋を通るとき、彼女の蒼白あおじろい顔が僕の上着の肩にもの憂げにりかかった。 フィッツジェラルド/大貫三郎訳『華麗なるギャツビー』より引用
  • ランプの光が彼女の蒼白あおじろい顔の上に落ちて、そのいつもの真面目まじめさと沈黙とは、思いつめた激しい性質を帯びていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼女の蒼白い頸筋からくれないの血が流れ出した。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • それは私がマッチをすって部屋を照らすと、受難者のようなまなざしをした彼女の蒼白い、歪んだ顔が目に映ったあの瞬間なのだ。 ドストエフスキー/中村融訳『地下生活者の手記』より引用
  • このことは、彼女の蒼白いぐったりしたような顔付きや、ものうげな歩きつきによって明瞭だった。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「無名氏の話」』より引用
  • 快楽にとりつかれていたあのとき、司教補佐は、彼女の蒼白い唇の上に、自分の唇を押しつけたのだった。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(下)』より引用