彼女の召使い

11 の用例 (0.00 秒)
  • フリッグはそれから、彼女の召使いであるをゲイルロズの元へ送った。
  • ルーアークは彼女の召使いたちに対する愛情の深さを知り、自分もそのように愛されたいと思った。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • 彼は彼女の召使いを40人から18人に減らしたが、彼女が必要とする愛情や甘い言葉を与えることで唯一の遺産相続人となった。
  • 彼女の召使いの取次ぎによると、手足の自由のきかない、車からおりることができない老人が、彼女にほんの少しのあいだでいいから玄関先までおいでを願いたいといっている、とのことであった。 バルザック/佐藤朔訳『従妹ベット(下)』より引用
  • 誇り高い戦士で、祖父の死のせいでフランス人を憎んでもいいはずなのに、彼女の召使いにもつらくあたらない。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • また彼女の子供たちを自分の子供同様に扱い、彼女の召使いに対しては自分の召使い以上に気をつかい、彼女の友だちには愛情と親切をもって接し、彼女の親戚に対しても礼儀正しくふるまわなければならない。 ヴァーツヤーヤナ/大場正史訳『カーマ・スートラ』より引用
  • エドガーとメリーベルがかつて森の中に捨てられたのは、エヴァンズ伯爵の愛人であった母メリーウェザーの死後、伯爵が2人を正式に引き取ろうとしたため、本妻である伯爵夫人の逆鱗に触れ、彼女の召使いの手によって森の中に置き去りにされたものであった。
  • 病弱だったメリーウェザーの死後、エヴァンズ伯爵が子供たちを正式に引き取ろうとしたため、本妻の逆鱗に触れ、エドガーは彼女の召使いの手によってメリーベルと共に森の中に捨てられ、スコッティの村の老ハンナ・ポーに拾われ彼女の館で育てられることになる。
  • オークランドの彼女の邸宅にいた土着人の召使いたちはひまを出されて、彼女は一月二十二日に、息子のジャック、ベネディクトおじさん、それに彼女の召使いである黒人の老婆だけを連れて船に乗りこんだ。 ヴェルヌ/土井寛之・荒川浩充訳『少年船長の冒険』より引用
  • 「もしそうなら、彼女の召使いが突然グロリムに寝返るなんてずいぶんとおかしな話じゃない」 「グロリムとはなんの関係もない」イーディスは言った。 エディングス『ベルガリアード物語2 蛇神の女王』より引用
  • 副官、武勲赫々かくかくたる連隊長、近衛の将軍、いや大公までが、この美女の窓の下でむなしく時間をつぶし、彼女の召使いに無駄に金をまきちらしたが、みなていよく追払われてしまった。 スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』より引用