彼女の一挙一動

17 の用例 (0.00 秒)
  • 死にはしなかったものの、B太は以来彼女の一挙一動におびえているのだ。 大槻ケンヂ『ボクはこんなことを考えている』より引用
  • そう、彼女の一挙一動を逃すまいと、観察しているようにさえ思えた。 千葉暁『アルス・マグナ1 大いなる秘法 白き魔王』より引用
  • 彼女の一挙一動は、私にそんな気のない時ですら、恋心をそそるのであった。 谷沢永一『人間通と世間通 “古典の英知”は今も輝く』より引用
  • 彼女の一挙一動に敏感に反応するカメラ片手の若者たち。 足立倫行『アダルトな人びと』より引用
  • しかし明子はその間にも、相手のフランスの海軍将校の眼が、彼女の一挙一動に注意しているのを知っていた。 芥川龍之介『舞踏会・蜜柑』より引用
  • 人々はそこに足止めされ、ほかにすることもないまま、彼女の一挙一動を見守っていた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • しかし明子はその間にも、相手の仏蘭西の海軍将校の眼が、彼女の一挙一動に注意してゐるのを知つてゐた。 芥川竜之介『舞踏会』より引用
  • 彼女の一挙一動は彼の心に投ぜらるる石であった。 豊島与志雄『掠奪せられたる男』より引用
  • 彼女の一挙一動は、わたくしを恍惚とさせました。 モーパッサン・ギ・ド『墓』より引用
  • グランゴワールの目は彼女の一挙一動を見まもっている。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』より引用
  • しかし、この事件で、窓にはブラインドがなく、従って電灯の灯りで彼女の一挙一動が路上の人にはステージの上の人物のようによく見えるのだということに彼女は気がついた。 セイヤーズ/井上一夫訳『毒』より引用
  • 庸三は高すぎるくらいの卓子テイブルに向かって、廻転椅子かいてんいすにかけながらペンを執っているのだが、姿の見えぬ彼女の一挙一動を感知しようとするもののように、耳を澄ましていた。 徳田秋声『仮装人物』より引用
  • また、彼女の一挙一動に、かれを驚かす優雅さがあった。 ハーン/斎藤正二訳『怪談(完訳)』より引用
  • 川辺みさ子が、自分で自分をとりこにしたその言葉の垣のすき間から、彼女の一挙一動は見まもられているのだ。 宮本百合子『道標』より引用
  • しかも、この東京大学卒業の、しかも柔道の開祖たる青年は、彼女の一挙一動に赤くなったり、ヘドモドしたり、あるいはうなされたような顔になったりするのであった。 山田風太郎『幻燈辻馬車(下)』より引用
  • 実際、彼女は他の貴婦人連よりも遥かに優美でもあり濃艶でもあり、また一種魅するが如き力は彼女の一挙一動に供うたのである。 モーパッサン・ギ・ド『頸飾り』より引用
  • 彼女の一挙一動を、執拗な眼で見守った。 豊島与志雄『二つの途』より引用