彼は重々しい

20 の用例 (0.00 秒)
  • それを掲げて連れの者たちに見せながら、彼は重々しい声で言った。 フーリック/大室幹雄訳『中国迷路殺人事件』より引用
  • 彼は重々しい口調でそう言い終えると、しばらく、顔を両手に埋めた。 スティーヴンスン/日高八郎訳『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 「さて、あの男がいってしまったので」彼は重々しい口調でいった。 メイスン/守屋陽一訳『矢の家』より引用
  • ちょっと言葉を切ってから、彼は重々しい口調で続けた。 クリスティ/中村妙子訳『牧師館殺人事件』より引用
  • 「あなたの考えているように考えられるといいんですがね」と、彼は重々しい口調でいった。 クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』より引用
  • 話が終わると彼は重々しくうなずいてみせた。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 「問題は一にここにあるんですよ」と彼は重々しく付け加えた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • 彼は重々しい広間の扉を開けたまま、もうすでに信仰生活の友に対するかのように手をさしのべた。 ジョイス/飯島淳秀訳『若き日の芸術家の肖像』より引用
  • 「色々あるかも知れませんし、またないかも知れません」彼は重々しい口調でいった。 メイスン/守屋陽一訳『矢の家』より引用
  • 「この地方を探検するのは、あんたたちが初めてじゃありませんぞ」と彼は重々しくいった。 ビアス『ビアス怪異譚(2)』より引用
  • 「この車は古くて、程度が悪いんだ」彼は重々しく言った。 スタインベック/大久保康雄訳『怒りの葡萄』より引用
  • そこで彼は重々しく頭をふり、五ギニーの金をふところにして、退去していった。 ディケンズ/北川悌二訳『オリヴァ・トゥイスト(上)』より引用
  • とたずね、彼は重々しい態度で許可を与えた。 モーム/北川悌二訳『人間の絆(上)』より引用
  • 彼は重々しい、父親らしい態度で接吻しましたが、それにはみじんも淫蕩の気味がありませんでした。 サド/大場正史訳『ソドムの百二十日』より引用
  • やがて彼は重々しく口を開いた。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • そして彼は重々しい早足で立ち去り、石切場の方へ進んで行った。 オーウェル/佐山栄太郎訳『動物農場』より引用
  • 彼は重々しく吐息といきすると、地図帳をじてかばんにしまい込んだ。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第04巻』より引用
  • 彼は重々しくあとを続けた。 秋田禎信『エンジェル・ハウリング 第01巻 「獅子序章 from the aspect of MIZU」』より引用
  • 彼は重々しい口調で答えた。 クリスティ/一ノ瀬直二訳『秘密組織』より引用
  • 彼は重々しく、へいこらしたお辞儀をして出ていった。 モーム/北川悌二訳『人間の絆(上)』より引用