彼は暫く

87 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は暫くも傍観者として立ってはいられなかった。 蒲原有明『夢は呼び交す』より引用
  • 彼は暫くその場にじっと立っていた。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 彼は暫くクララには構わないで、母親の相手を勤めることに全力を注いだ。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • 彼は暫く眼を空間に定めて、それから封を切ってみた。 豊島与志雄『恩人』より引用
  • 彼は暫く待って、それから又階段の所に行った。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 上巻』より引用
  • 私は困ったことをしたと思いながら様子を見ていると、彼は暫くたってからのろのろと、顔を私の方に向けた。 宮本百合子『貧しき人々の群』より引用
  • かれしばらくさうしてたがどうかしてはわすれてくせづけられた手先てさき不用ふよう煙草入たばこいれさぐらせるのであつた。 長塚節『土』より引用
  • 「バックスタアのことを心配してるの、」と彼は暫くして聞いた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • 彼は暫く余の姿を眺めた末、厳重な余の身体に少し恐れを催したか、身を引いて狭い入口の道へ這入った。 黒岩涙香『幽霊塔』より引用
  • かれしばらくしてからにはつた。 長塚節『土』より引用
  • 彼はしばらくの間茫然ぼうぜんとして現実を忘れていた。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • と、彼は暫く痛いのを我慢してゐたが、急に腕をはづして逆におふくろの腕を抓った。 原民喜『おふくろ』より引用
  • 彼は暫くうっとりとした眼つきでその枝の網目を見上げていたが、再び背中を曲げて歩き出した時にはもうそれを忘れるともなく忘れていた。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • 彼はしばらくの間この三名と、上松が送ってきたリストを見比べていたが、次第にその焦点がその中の二名の名前に絞られてきた。 森村誠一『高層の死角』より引用
  • 彼は暫く考えてから遂に云い出してみた。 豊島与志雄『愚かな一日』より引用
  • 彼は暫く考えていてから、急につっ立って、聞いて下さいますかと、烈しい語調なんだ。 豊島与志雄『椎の木』より引用
  • 彼は暫く、猫背のように首を縮めて歩き、それから突然、両腕を大きく宙に廻転させました。 豊島与志雄『白藤』より引用
  • 彼は暫く待ってから、火鉢の方へいざり寄って煙草を吸った。 豊島与志雄『幻の彼方』より引用
  • 彼は暫く口をききも、動きもしないでいた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • 彼は暫くの間、寝たまま眼をつぶっていた。 豊島与志雄『擬体』より引用
  • 次へ »