彼は暫くぼんやり

3 の用例 (0.00 秒)
  • 彼はしばらくぼんやりと何も考えてはいなかったが、突然、屋根の方を、ビュンとうなる音がして、つづいて、パリパリと何か裂ける響がした。 原民喜『壊滅の序曲』より引用
  • 彼は暫くぼんやりして了った。 志賀直哉『小僧の神様・城の崎にて』より引用
  • 彼は暫くぼんやりと何も考へてはゐなかつたが、突然、屋根の方を、ビユンと唸る音がして、つづいて、バリバリと何か裂ける響がした。 原民喜『壊滅の序曲』より引用