彼は暫く

87 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は暫く母親とスケッグネスに行っていて、その間は完全に幸福だった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 中巻』より引用
  • 彼は暫く盛土の跡を眺めた後、大地に両手をつき礼をしてたちあがった。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • 彼は暫く向うを歩き廻っていたが、何と思ったか静に階段を上って行った。 豊島与志雄『微笑』より引用
  • 彼は暫くそれを見ていたがつかつかとその店の中へ這入って行った。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • しかしそれでも彼はしばらくの間、その鏡に映っている窓をじっと見詰めていた。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • 彼は暫くして、忘年会へ出席するのがおくれると誰かに電話をしていました。 久坂葉子『幾度目かの最期』より引用
  • それで彼は暫くミリアムの所には行かずにいようと思うのだった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 中巻』より引用
  • 彼は暫く名刺の表を見つめていたが、兎も角もその刑事を通さした。 豊島与志雄『白血球』より引用
  • 彼は暫く黙り込んで、それから谷山と眼で相図した上で、初めて話しだした。 豊島与志雄『神棚』より引用
  • 彼は暫くたつてからこんな乱暴な云ひやうで妻を強ひた。 有島武郎『An Incident』より引用
  • 彼は暫くじっと私の顔を見ていましたが、さも大事な秘密でも話すような風に云い出しました。 豊島与志雄『香奠』より引用
  • しかかれしばらく一せん銅貨どうくわれてたのでこゝろわづか不足ふそくかんじたのであつた。 長塚節『土』より引用
  • そして中に入って戸を締めると、彼は暫く拳を握り締めて、そこに立っていた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 下巻』より引用
  • 彼はしばらく部屋の中を行ったり来たりした。 シュトルム/高橋義孝訳『みずうみ』より引用
  • 彼は暫く、両方の瞳を隅の方に凝して厚い壁で仕切られた隣室の様子に注意した。 宮本百合子『或る日』より引用
  • 母親に接吻してから、彼は暫く母親の肩から手を離さなかった。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 中巻』より引用
  • 彼は暫く何も言わずに仕事を続けた。 ロレンス/吉田健一訳『息子と恋人 中巻』より引用
  • 彼は暫く闇に眼を馴らした後、そこに展げられた絵を見た。 葉山嘉樹『労働者の居ない船』より引用
  • 彼は暫く死体を凝視してから、静かな声で辰子を呼びました。 豊島与志雄『崖下の池』より引用
  • 「立派なひようじゃ」こう思いながら彼はしばらく気がつかずにいた。 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』より引用
  • 次へ »