彼は人事不省

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は人事不省の時、原因不明で知らない世界に来た。
  • いったいどれぐらい長く彼は人事不省におちいっていたのか、あとから調べたところによると、それは僅々きんきん七分ぐらいのことであったらしい。 横溝正史『芙蓉屋敷の秘密』より引用
  • 彼は人事不省を装っていたのだ。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 彼は人事不省じんじふせいから醒めて、生きているよろこびを、やっと感じたばかりだったが、その悦びは束の間に消え去った。 海野十三『火葬国風景』より引用
  • 四月中旬、彼は人事不省におちいるが、正気を回復すると、モントロン伯爵に遺言を口述し始める。 加瀬俊一『ナポレオン その情熱的生涯』より引用