彼の重々しい

10 の用例 (0.00 秒)
  • 彼の重々しい口から、彼の御嬢さんに対する切ない恋を打ち明けられた時の私を想像して見て下さい。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 彼の重々しい音声から、私は彼もやはり情勢の重大性に気づいていることを察した。 クリスティ/松本恵子訳『アクロイド殺人事件』より引用
  • 彼の重々しい口から、彼のお嬢さんに対する切ない恋を打ち明けられた時の私を想像してみて下さい。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 彼の重々しい口から、彼のお嬢さんに対するせつない恋を打ち明けられた時の私を想像してみてください。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • と、憤怒ふんぬと驚愕の色が彼の重々しい面上に現われた。 ハメット/村上啓夫訳『デイン家の呪い』より引用
  • 彼の重々しい足音は珪石けいせき花崗岩かこうがんの柱にささえられた洞穴のあいだに、反響して聞こえてきた。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • それどころか、彼の重々しい動作のすべては、すばらしい慎重な力強さの表現に見えた。 コンラッド/蕗沢忠枝訳『ロード・ジム(下)』より引用
  • 彼の重々しい口のきき方、自分をはばかって、思いきれないような話の調子、「しかるに」という口癖くちぐせ、すべて平生の彼と異なる点はなかった。 夏目漱石『門』より引用
  • 彼の重々しい口の利き方、自分をはばかって、思い切れないような話の調子、「しかるに」と云う口癖、すべて平生の彼と異なる点はなかった。 夏目漱石『門』より引用
  • ヤングは脅すように手を振りあげると、玄関から出ていき、やがて彼の重々しい足音が庭の砂利道を踏んで遠ざかっていくのが、フェリアの耳に聞こえてきた。 ドイル/鈴木幸夫・鮎川信夫・齊藤重信『シャーロック・ホームズ全集(上)』より引用