彼の悩み

44 の用例 (0.00 秒)
  • そんな言葉通り、彼の悩みはありがちと言えばありがちだったかもしれない。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • 要はそれほどまでに、彼の悩みは複雑なものだということなのである。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 彼の悩みは、全くどうしようもない根を、心に下ろしてしまっていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第14巻』より引用
  • そんな彼の悩みは、自分の境遇があまりに他の子供と違いすぎることだった。
  • 彼の悩みはそれどころでなく深いものだが、一身上の問題でもあった。 ドイル/延原謙訳『ドイル傑作集 ボクシング編』より引用
  • 一人息子は優しすぎる人間なのではないか、それが彼の悩みのひとつであるからだった。 佐藤大輔『皇国の守護者1 反逆の戦場』より引用
  • 彼の悩みなど正直に話したら、この世界では〝狂っている〟ことにしかならない。 上遠野浩平『ぼくらは虚空に夜を視る』より引用
  • それほどまでに、彼の悩みは深刻なものだったのだ。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 彼の悩みや怒りが自分の一部になった。 小林信彦『怪物がめざめる夜』より引用
  • 昔は、これが彼の悩みの種で、級友たちからもさんざん笑いものにされたのだ。 ヘッセ/岩淵達治訳『車輪の下』より引用
  • 彼の悩みはいささかも眠りのために中断されなかった、とでもいうようなぐあいだった。 マン/佐藤晃一訳『トーマス・マン短編集1』より引用
  • だが、彼の悩みは腹部の自覚症状ではなく、もっぱら便秘と歯痛だった。 藤原作弥『聖母病院の友人たち ―肝炎患者の学んだこと―』より引用
  • 彼の悩みは専門歌道の上にあったのではない。 小林秀雄『モオツァルト・無常という事』より引用
  • それが彼の悩みの種になった。 モーム/田中西二郎訳『ロータス・イーター』より引用
  • 年のせいか、着装に手間どると萎えてしまうというのが、最近の彼の悩みであったからだ。 林真理子『不機嫌な果実』より引用
  • 彼の悩みにとっては、母親の死は遅く来すぎたであろうし、又、来てみれば、それはあまり単純すぎたものだったかも知れぬ。 小林秀雄『モオツァルト・無常という事』より引用
  • 彼の悩みにとっては、母親の死は遅く来すぎたであろうし、また、来てみれば、それはあまり単純すぎたものだったかもしれぬ。 小林秀雄『モオツァルト』より引用
  • 彼の悩みは、子供たちが英語ばかり話して、祖国ポーランドの言葉や文化を忘れかけていることだという。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用
  • 特に最終第3幕でのトゥーランドット姫と王子カラフとの二重唱の処理方法が彼の悩みの種だった。
  • 当然のように現在の彼の職業は「自由業」であり、そしてやはり、彼の悩みはすこぶる深いのであった。 綾辻行人『どんどん橋、落ちた』より引用
  • 次へ »