彼の外見

38 の用例 (0.00 秒)
  • これは彼の外見が人間に似ているため、倫理規制に配慮しての判断とされる。
  • しかし彼の外見は、二十歳以上にはとても見えなかったのだ。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • 家族は彼の外見や振る舞いがとても父親似だと思っていた。
  • 彼の外見は貧民街の肉屋に似ていて、目は活気のない狡猾な様子をしていた。 コンラッド/岩清水由美子訳『闇の奥』より引用
  • 彼の外見は僕のよく知っているところだった。 ドイル『最後の事件』より引用
  • もちろん最初に彼女の心をとらえたのは彼の外見だ。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 彼の外見は人のものからすでに異形に変わっていた。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • しかし彼のそんな心境を、彼の外見から読み取ることは誰にとっても不可能だった。 伸たまき『パーム あるはずのない海』より引用
  • その顔と、肩まで垂れた黒く美しい髪が、彼の外見の特徴だった。 アンデルセン/神西清訳『即興詩人(上)』より引用
  • つまり、彼のことを悪く言ったり、非難したりしたわけではなく、彼の外見を見た人なら誰でもそう言うだろうと思われることを言っただけだった。 ディケンズ/本多顕彰訳『二都物語(上)』より引用
  • 今の笑顔はもっともその効果を発揮するもののはずだったが、相手は彼の外見にさほど心を動かされた様子ようすはなかった。 三上延『シャドウテイカー2 アブサロム』より引用
  • しかし、私たちは彼の外見的特徴を述べただけで、それに該当する人物を挙げてくれたのは亜紀だ。 有栖川有栖『朱色の研究』より引用
  • それは分別ありげな彼の外見を奇妙に裏切るものだった。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 無駄むだに貴族に似た彼の外見も、幼少の頃はいじめられる理由になったくらいで、いいことは一つもなかった。 吉野匠『レイン5 武闘会、開幕』より引用
  • 長い歳月も彼の外見をほとんど変えていません。 エミリー・ブロンテ/岡田忠軒訳『嵐が丘』より引用
  • 一方、それ以外の彼の服装のだらしなさは、たとえ暇があっても、彼の外見はたいしてよくはならないだろうという推測を裏書きしていた。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(中)』より引用
  • しかし、いずれにしてもそれらのひそかな表情は、彼の外見にまでは、あらわにうかびでてはこなかった。 赤江瀑『正倉院の矢』より引用
  • 彼は以前シェイクスピアを演じたことがあったが、彼の外見から、演劇を始めて間もないころから警察官としての役柄を与えられるようになった。
  • 彼の外見が崩れるようなことはなかった。 ロレンス/飯島淳秀訳『チャタレイ夫人の恋人』より引用
  • 彼の外見や巻き込まれる事件に関しては、巻頭の登場人物紹介しょうかいと裏表紙の七行一発勝負あらすじにてご確認かくにんください。 喬林知『今日からマ王 第03巻 「今夜はマのつく大脱走!」』より引用
  • 次へ »