彼の周囲

482 の用例 (0.00 秒)
  • できるかぎり彼の周囲を警戒して、彼が何か行動を起こすのを待ちたい。 乃南アサ『紫蘭の花嫁』より引用
  • なんとなく自然と犬神たちは空から降りてきて、彼の周囲に浮いている。 有沢まみず『いぬかみっ!08』より引用
  • そして殺した数だけ壁ができて、彼の周囲には巨大な迷宮が作られていく。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • そしてネギを中心に彼の周囲にいる生徒達にも変化が起ころうとしていた。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 彼の周囲の人間は、彼がそこに存在しないかのように振る舞っていた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • そして彼の周囲にいる子供たちは、確かにそれを持って彼を迫害した。 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』より引用
  • 彼の周囲の人間が幸福だったかというと、そんなこともありえない。 西尾維新『零崎双識の人間試験(全話)』より引用
  • 彼の周囲に座っていた人々は悲鳴をあげて彼から遠ざかろうとした。 乙一『ZOO』より引用
  • 鋭い飛翔音が空を切り、飛来したものが彼の周囲で黒い血をふり撒いた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター06 D-聖魔遍歴』より引用
  • 当然のように、彼の周囲にいる者たちがそれに気づくはずもなかった。 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』より引用
  • その彼の周囲にいる者といえば、カークとスポックの二人だけだった。 ジェイムズ・ブリッシュ『02 宇宙大作戦 No2』より引用
  • 彼の周囲には約四十本のボンベが内容を放出して空しく横たわっていた。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • 広い夏の白光の下で乾き上った砂漠が、彼の周囲で、後へ後へと飛んだ。 宮本百合子『古き小画』より引用
  • 自分は兄の言葉の裏に、彼の周囲をのろうように苦々にがにがしいある物を発見した。 夏目漱石『行人』より引用
  • 彼の周囲では、時間はゆっくりと、優雅な流れ方をしているのだろう。 山藍紫姫子『THE DARK BLUE』より引用
  • 誰もが目を見張り、彼の周囲に立ち現れた蛋気楼しんきろうのような影を凝視ぎょうしする。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.2 「王たちの狂宴」』より引用
  • それで彼の周囲には、文学を愛好する青年の小さな群が出来ていた。 豊島与志雄『反抗』より引用
  • 彼の周囲が彼を見なおしたのは、彼が彼の周囲を見なおす結果になっていた。 有島武郎『星座』より引用
  • 木戸襲撃という噂も流れ、二十名近い護衛が彼の周囲を警戒する事態になった。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(上) 軍内抗争から開戦前夜まで』より引用
  • この旅行にいよいよ出発という時、彼の周囲の者は皆反対した。 河口慧海『チベット旅行記(下)』より引用
  • 次へ »