彼の召使

12 の用例 (0.00 秒)
  • 余り泣いているので、前にいた彼の召使のほうが、が悪くなって、もじもじしていた。 吉川英治『新書太閤記(二)』より引用
  • 大納言の言葉のままに、彼の召使う者の棲家すみかへ、歩かなければならなかった。 坂口安吾『紫大納言』より引用
  • 彼の召使や商人に対する乱暴もキャタリーナに対する一種の実物教育である。 シェイクスピア/三神勲訳『じゃじゃ馬ならし』より引用
  • 実際彼女は給仕頭に対しては、おのれを低く屈して、まるで彼の召使か何かのように見える。 直木三十五『サレーダイン公爵の罪業』より引用
  • 彼の召使はコルネリウスの召使たちの身の上をかねがね羨ましがっていた。 アレクサンドル・デュマ/横塚光雄訳『黒いチューリップ』より引用
  • と、彼の召使は、彼が坐るとさっそく、一袋のきびと、一通のてがみを前へ持って来た。 吉川英治『新書太閤記(二)』より引用
  • 彼の召使のエアリエルもこのようなレヴェルにいると言えよう。 シェイクスピア/大山俊一訳『テンペスト(あらし)』より引用
  • 契約は、一ノ関が満足するまで、メフィストが彼の召使として快楽の生活に導くという内容であった。
  • 事件のときに一度逃げ出して、また帰ってきた彼の召使でさえ、彼がはいってくるのを見ると、顔をそむけ、あれこれ口実をもうけたり他の用事にかこつけたりして出て行ってしまったのである。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • それで最近彼の召使が暇をとったことをきいて、親切な宿屋の主人の助力で、プロチウスに自分を小姓として雇わせるように仕組みました。 ラム/松本恵子訳『シェイクスピア物語』より引用
  • レヴィは単純な男で、物事をやるのに人手をかりず、彼の召使たちは、それでほとんど夜は用事を命じられることはなかったので、この家の下僕たちと、顔をあわせる心配は何一つなかった。 セイヤーズ/小山内徹訳『ピーター卿乗り出す』より引用
  • 他にも、億万長者のデビアスに対し、彼の召使であったバージルが反旗を翻し一矢報いた試合や、蛇男ロバーツと元AWA王者のマーテルとの「目隠しマッチ」なる特異な試合も組まれた。