影分身

18 の用例 (0.00 秒)
  • 逃げることにかけては超人的で、影分身や写し身の術を使用していた。
  • 影分身の応用法や幻術の解き方を覚えたり、新術を開発するなどの成長を果たす。
  • なお、術者のチャクラが均等に分散される影分身の本体を看破することはできない。
  • 加えて影分身や変わり身の術が使えたり、100mを7秒で走破する等、身体能力は人間離れしている。
  • 反面、チャクラコントロールが難しくなるために、戦闘に使用できる影分身の数が少なくなってしまう。
  • 帰還後はカカシとヤマトの教えの元でチャクラの性質変化の修行を開始し、影分身を応用したカカシ考案の修業法で普通の人間が一人でやったら何年もかかるといわれる修行をわずか数日でマスターした。
  • さらに、チャクラの流れを形として視認することができ、性質を色で見分けることも可能で、更には影分身と本体を識別する。
  • 忍者学校卒業直前に会得した上忍レベルの忍術【影分身の術】を得意とし、この術は【螺旋丸】をはじめとした様々な術に応用されている。
  • 自来也との修行から帰った後にサクラと挑んだカカシの鈴取りの修行では影分身の使い方に磨きが掛かっており、またこの後の戦闘ではそれまでにはなかった戦略的な行動が見られることからも修行による成長が伺える。
  • 彼らが戦災孤児であるのを知ると贖罪も兼ねて三人の世話をしながら忍としての育成に着手、彼らが自身の影分身を倒すまでに成長したのを見届けると木ノ葉に帰還した。
  • また、暴走状態と同様に纏ったチャクラを形態変化させて副腕として操ることができ、影分身の併用なしでの螺旋丸、またはその応用術発動が可能になった。
  • その後、岩隠れの夫婦らしき忍に化けた白ゼツにそそのかされて襲われそうになるが、間一髪のところで駆けつけたナルトの影分身に助けられた。
  • ここでは「影分身の術」「多重影分身の術」「九尾モード」に用いられる術を述べる。
  • 影分身のナルトが戦場へと散らばり、連合軍を混乱させている白ゼツ達の悪意を感知することで白ゼツ達を撃破、さらに穢土転生で蘇った忍五大国の影の名を持つ忍達も封印、忍連合軍は一気に優位に立つ。
  • 忍連合に紛れこんだ白ゼツを燻り出すために九尾チャクラをまとった影分身を各戦場に送りこみ、元五影を倒すなど不利な戦況を覆しつつ、ビーと共にトビのもとにたどり着く。
  • 膨大なチャクラで影分身を多用できるナルト、写輪眼を持つサスケと違い、元々忍として特別な才能は持っておらず、下忍当時使えた術は全て忍者学校で教わる基本忍術だけで体術もいまひとつ、数少ない特技はチャクラのコントロール能力と優秀な頭脳、幻術の技術だけだった。
  • 人間の一京倍の嗅覚で影分身を見破り、体の斑点を移動させ多彩な攻撃を繰り出す「スペクルコントロール」と完牙殺法でブラックホールを苦しめるが、至高のブラックホールに吸い込まれる。
  • また、「あらかじめ仙術チャクラを練った影分身体を遠方に待機させ、本体が練ったチャクラが切れ仙人モードが解けると同時に影分身を解き、分身体のチャクラを本体に還元・供給する」というナルト独自の仙術チャクラ供給法も併せて編み出している。