彩る

全て 動詞
531 の用例 (0.00 秒)
  • 絵看板のなかで、あくどい色に彩られた多鶴子の顔がイッと笑っていた。 織田作之助『青春の逆説』より引用
  • さっきのまでだったら、思いでがものすごいいろどられ方してたんですよ。 沖田雅『先輩とぼく 04』より引用
  • 一つの大きな植木と、様々な花の鉢が白いタイル張りの床を彩っている。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • 大江の面を彩った絶望の色は、彼が被った打撃の深刻なことを示している。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • 夕陽ゆうひが落ちたばかりで、オレンジ色の残照にいろどられた西の山に向かって。 山本弘『サーラの冒険 Extra 死者の村の少女』より引用
  • すると、彼女の心の中から、悲しみに彩られたもう一つの声が聞こえてきた。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • ただ、形の良い唇だけが、ひどく意匠的な赤で彩られていて印象的だ。 毛利『志生子 カナリア・ファイル~金蚕蠱』より引用
  • 陽子とは対照的な紺青の髪に彩られた表情は堅く、その息は弾んでいた。 同人『十二国記』より引用
  • 自分の人生の中でもおそらくいちばん濃く彩られた時間だったろう。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • 正式にはボーディ・ダルマという名前だが、謎めいた伝説に彩られている。 玄侑宗久『禅的生活』より引用
  • それにしても、ウェールズのすべてが美と歌にいろどられているわけではない。 ニコル『C・W・ニコルの自然記』より引用
  • 現在の音楽シーンを彩るアーティストの中にも舞台を踏んだ者は多い。
  • この地域には宗教的な伝説に彩られた岩がいくつか存在する。
  • その叫びが恐怖に彩られていたことよりも、意外なほどの声の近さに彼女は驚いた。 三雲岳斗『聖遺の天使』より引用
  • 眼球の白い部分を、血管が網目模様に赤くいろどっているようにさえ感じた。 吉行淳之介『砂の上の植物群』より引用
  • 帰宅するなり横になっていたが、極めて刺激的な幻想に彩られていた。
  • 椿は届くことがなくなったし、家のなかを彩っていた小さな世界が消えた。 服部真澄『清談 佛々堂先生』より引用
  • しかし一次大戦後に一転して偏見に彩られた批判的な著作が急増した。
  • 神の間をいろどっていた魔物の彫像が身じろぎして、その異形の翼を広げた。 安田均×下村家惠子『ソード・ワールド・ノベル 死せる神の島(下)』より引用
  • ダリ的観念の表面を彩る美しい吹出物でしかないという使われかたである。 松浦理英子『優しい去勢のために』より引用
  • 次へ »