彩る花

10 の用例 (0.00 秒)
  • 彼らの中から更に美しい者が宮中の表舞台をいろどる花当に選ばれる。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 宗倫は顧客である貴族や豪族に、屋敷を彩る花々を納めていたのである。 森福都『長安牡丹花異聞』より引用
  • メキシコでは死者の日の祝祭を彩る花として大量に栽培される。
  • だが、それにもかかわらず、枝をいろどる花はみごとなほど鮮やかな色だった。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 早春を彩る花として絨毯のように多数を植え付けると効果的である。
  • 中国に来てまだ一年半にしかならないのに、メーデーや国慶節といった中国の国家的行事の際、上海の街を彩る花々の二割を、この日本人男性が生産しているのだという。 野村進『アジア新しい物語』より引用
  • 湿原を彩る花は以下のとおりである。
  • 初夏をいろどる花々の美しいこの庭は人気があって、曇天どんてんであっても、花壇かだんを巡る小道などには朝の散歩を楽しむ生徒たちの姿がたくさん確認できた。 今野緒雪『マリア様がみてる 10 レイニーブルー』より引用
  • サクラの開花時期は関東以西の平地では3月下旬から4月半ば頃が多く、日本の年度は4月始まりであることや、学校に多くの場合サクラが植えられていることから、人生の転機を彩る花にもなっている。
  • 七草に限らないが、秋口に野を彩る花を、総じて秋草といい、夏ともなれば、座敷にはいち早く秋草が持ち込まれる。 服部真澄『清談 佛々堂先生』より引用