彩る光

9 の用例 (0.00 秒)
  • 灰色を彩る光は加速開始と同時に流れて帯のようになった。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 02 ささやかな戦い』より引用
  • 夜の海をいろどる光の美しさが、いっそうむねせまる思いがした。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版③ 封印の娘』より引用
  • 目の前には濃い藍色の東京湾が広がり、その向こうに、ビル街を彩る光の海が横たわっている。 永瀬隼介『サイレント・ボーダー』より引用
  • そして夏の夜を彩る光の流れを眺める。 乙一『夏と花火と私の死体』より引用
  • 君の言葉を何度も反復しながら、街路が彩る光の中に溜息をつくだけのやり場を見つけ出すことぐらいしかできない。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • オールビューモニターを彩る光の饗宴きょうえんを前に、アンジェロ・ザウパーは言っていた。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 03 赤い彗星』より引用
  • 市街に起伏があるので、街を彩る光が多層に重なって見える。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • 乙子の関心は、あくまでも、手もとの赤いグラスを彩る光の造形の美々しさのほうにあった。 赤江瀑『八雲が殺した』より引用
  • また、2007年12月8日から2008年2月29日までは「諏訪を彩る光の祭典」と題してイルミネーション「冬の花火」が島内に設置・点灯された。