彩るよう

9 の用例 (0.00 秒)
  • 沈みゆく太陽が一瞬空をいろどるように、彼女の文学活動も晩年近くに絢爛けんらんと開花した。 マンスフィールド/江上照彦訳『園遊会』より引用
  • 浅見は母親の追憶を彩るように、ちょっぴり文学的な表現を言った。 内田康夫『怪談の道』より引用
  • 中国から紅が伝来した後は、鮮やかな紅が王朝の宮廷婦人たちの唇を彩るようになり、紅を引くことは女性の重要な身だしなみとみなされるようになった。
  • この堤で吉良8千石が水害から守られ、金色の稲穂が田を彩るようになったことから黄金堤と呼ばれるようになった。
  • 星弾の飛びかい炸裂さくれつする光景は、無数の花火が夜空をいろどるように美しく、砲声は海上一帯に殷々いんいんとひびき渡った。 吉村昭『戦艦武蔵』より引用
  • こうした美術品をめぐる自然環境は、矢代幸雄の東洋美術への理想、「自然の緑が陳列室の空気をも彩るようにしたい」、「自然の額縁のなかで東洋の美術は一番美しく見える」を実現したものである。
  • しかし、1905年に出現したフォーヴィスムと強く同調し、強烈な色彩と力強いタッチが画面を彩るようになる。
  • 楽しく気軽に立ち寄り、ゆっくりできるように、広い歩道とバルコニーを設け、人々が和らぐような輪をモチーフに、水面を彩るよう演出する。
  • きあがる火柱をいろどるように、四散した彦三郎の生血が、虹霓こうげいのように、空中にかれた。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫2) 真田幸村』より引用