彩るころ

3 の用例 (0.00 秒)
  • あくるから、日暮ひぐがたになって夕焼ゆうやけが西にしそらいろどるころになると、三郎さぶろうほうへとあこがれて、ともだちのれからはなれてゆきました。 小川未明『空色の着物をきた子供』より引用
  • よりもあかい、西にし夕焼ゆうやけが、なみおもていろどるころには、そら白鳥はくちょうは、とおい、故郷こきょうにあこがれるもののごとくいたのです。 小川未明『北海の白鳥』より引用
  • はなみずきの花が白とピンクの萼を開き、ツツジの花が生け垣を華やかに彩るころ、ワシントンの春はたけなわである。 阿川尚之『アメリカが嫌いですか』より引用