彩ること

21 の用例 (0.00 秒)
  • それは彼を大人のように思わせ、文学的な幻影で彼の行為を彩ることを許した。 きだ・みのる『道徳を否む者』より引用
  • それで僕は市蔵のために特にこの美しい点を力のあらんかぎりいろどることを怠らなかった。 夏目漱石『彼岸過迄』より引用
  • そして、彼の計画は、それぞれの頂を1つの花で彩ることにした。
  • そこで美少年に女装させて表をいろどることにした。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • やがてさまざまなメッセージや色鮮やかなストリートアートが西側の壁を彩ることになった。
  • やがてさまざまなメッセージや色鮮やかなストリートアートが壁の西側を彩ることになった。
  • 外国文化の摂取は、常にこの包容性と同化力によつて、日本の国土を豊かに彩ることに成功しました。 岸田国士『日本文化の特質』より引用
  • 富裕層の市民が住宅を壁画で装飾して彫刻で彩ることが流行化し、古典主義美術の伝統が一時的に途絶えることとなった。
  • 静と動という、同じ容姿で二つの人格をいろどることのできる美しさは、あらゆるものにおいて劇的であるということである。 雨木シュウスケ『レジェンド・オブ・レギオス 第02巻 イグナシス覚醒』より引用
  • 例の記号の出現を際限なく遅延させること、その遅延を様々な手続きによって彩ること、出現後は、意味作用の過程を可能な限り長引かせること。 酒見賢一『語り手の事情』より引用
  • エルはアイヌアに音楽の主題を明かし、アイヌアにはこれを全霊をもって彩ることを命じた。
  • 彼の激しく、短い生涯は作家達に主題を与え、まずはダイム・ノベルと呼ばれる三文小説が、そして劇が、時代が下ると映画がビリーの生涯をさまざまな伝説で彩ることとなる。
  • これによってハウステンボスの街並みに現実感が備わるとともに、こうした車両を、クラシックデザインの導入や、原色系に統一したテーマカラーで彩ることで、街並みのアクセントとして積極的に機能させている。
  • 仏頂面して、ふてくされ、ね者を気どり、しれしれと自己中心的になり、「してもらう」ことばかりをねだる人間になるよりも、「してあげる」人間になったほうが、よっぽど多くの笑顔で人生を彩ることができるという考えを久栄は胸に抱いていたようだ。 里中哲彦『鬼平犯科帳の人生論』より引用
  • わたくしのなみだぐましい営業努力えいぎょうどりょくにより、ようやくドラゴンマガジン本誌ほんしにも登場することができましたし、今後こんごもわたくしはドラゴンマガジンの紙面しめん華々はなばなしくいろどることでしょう。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 07』より引用
  • それはあり合せの水絵具に一々挿絵さしえいろどることだった。 芥川竜之介『少年』より引用
  • かくして数多くの少女が、この君主の退廃せる宮殿を美々しくいろどることにはなったのであるが、そのなかで、フロランドと称する十六歳ばかりの、あたかも花々のさなかに匂う一輪の薔薇ばらのごとく、朋輩ほうばいのあいだに一頭抜きんでて美しい少女があった。 サド/澁澤龍彦訳『恋のかけひき』より引用
  • この時代にはシュヴァルツェンベルク宮殿、シェーンブルン宮殿などバロック的な宮殿があいついで建設され、ウィーンの街を彩ることになった。
  • けれど、皆崎達彦というスプレー缶に充填じゅうてんされている塗料は、せいぜい半径三メートルのちいさな世界を彩ることができるくらいだ。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第02巻 ガーベージコレクター』より引用
  • 彩とは、彩ること。