当然

全て 副詞
45,663 の用例 (0.03 秒)
  • それはそれとして、彼女の死が周囲の空気を暗くしたのは当然であった。 岡本綺堂『有喜世新聞の話』より引用
  • それが少年らしい当然な態度でありそうなものであらねばならぬのである。 幸田露伴『蘆声』より引用
  • 米国を通じて各郡ともこの種の郡立図書館の設備あるべきを当然とす。 佐野友三郎『学校教育における図書館の利用』より引用
  • 一つの詩を公にする場合、当然しつかりとした責任を持つべきであらう。 草野天平『詩人といふ者』より引用
  • 人形町の商店がこの日に限って夜中まで営業するのは当然のことである。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 従ってもしも二個の太陽が衝突するとすれば当然非常な熱量を発生する。 寺田寅彦『宇宙の始まり』より引用
  • それが当然であると思っているかのように、藤助は黙って眺めていた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • これは言葉の整理をしなければさういふ状態になるのは当然である。 岸田国士『文学者の一人として見た現代日本語』より引用
  • 子供の家の者もやはりそうだったが、それはもちろん当然のことでしょう。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • それらは当然なさねばならぬことであるし、またできるときがあると思う。 伊丹万作『映画と民族性』より引用
  • しかしこれらのものは社会主義者としての当然の受難とも思えたのである。 日本経済新聞社『私の履歴書』より引用
  • スピード問題にしても、そういう問題が起ったことは当然の気がする。 坂口安吾『スポーツ・文学・政治』より引用
  • 血をひく孫であり、同じ覆面であるから似ているのは当然かも知れない。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 自分も初めての経験に徴して、当然しかあるきを信じて疑わなかった。 木暮理太郎『針木峠の林道 』より引用
  • 書きかけの原稿を焼いた私は、私自身の当然な魂を表現してゐたのである。 坂口安吾『魔の退屈』より引用
  • 婆さんの答えをきいて、雨村は当然であるといったような顔をしている。 佐藤垢石『瀞』より引用
  • 恋ではなく、愛一般にからまるところの当然なその敵対のひとつなのだ。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • そんな事は当然結婚前に知っていなければならないはずなのです。 伊藤野枝『成長が生んだ私の恋愛破綻』より引用
  • だから、当然、いかなる方法をもって死ぬべきかに考え及んだのである。 小酒井不木『ある自殺者の手記』より引用
  • こいつらは当然けんかをしなくてはならないのに仲良く暮し合っている。 トルストイ・レオ『イワンの馬鹿』より引用
  • 次へ »