当時新進気鋭

12 の用例 (0.00 秒)
  • 角川がそれに応えて監督に、当時新進気鋭の大林が起用された。
  • そんなときに当時新進気鋭のプロデューサーであった呉思遠に貸し出される形で2本の映画に主演した。
  • 主に当時新進気鋭だったスポーツライターが務めた。
  • 特に1980年代に、当時新進気鋭の映画監督だったスパイク・リー指揮によるナイキの一連のCMが成功したことが大きい。
  • その後制作局ドラマ部担当部長、部長として『大河ドラマ』や当時新進気鋭のドラマ作家を起用し数々の番組作りに関わる。
  • 同年暮れにロスアンジェルス・フィルの演奏会で当時新進気鋭のヴァン・クライバーンと共演し、演奏会から引退した。
  • 専業主婦を経て、外資系IT企業に勤めて事務業務をしていたが、当時新進気鋭のIT起業家であった堀江貴文のホームパーティで堀江本人に直接自分を売り込んだ。
  • 世紀の変わり目に、当時新進気鋭の作曲家アレクサンダー・ツェムリンスキーに入門し、歌曲の作曲を開始する。
  • かつては、歌手・作曲家のマネージメントも行っており、特に1970年代から1980年代にかけては、大野克夫、大野雄二、ゴダイゴなど当時新進気鋭のミュージシャンを劇伴・主題歌などに多数起用し、日テレの番組制作を音楽面から大きく支えた。
  • 創刊時から1988年まで、当時新進気鋭の鈴木英人のイラストを毎号の表紙に採用し、付録でその表紙のイラストを象ったカセットテープケースのレーベルは特に人気を博した。
  • この「アルカトラズ島占拠」は、当時新進気鋭の「アメリカインディアン運動」にも応援要請を行っており、ジョンはAIMのデニス・バンクスらと島で交歓を深めた。
  • ブルノンヴィル版の『ラ・シルフィード』は、主役のジェームズにブルノンヴィル自身、シルフィードに当時新進気鋭だったバレリーナ、ルシル・グラーンを配して1836年11月28日に初演され、大いに成功を収めた。