当時の前衛

21 の用例 (0.00 秒)
  • この頃からレジェは当時の前衛美術運動であったキュビスムに参加する。
  • そこには共通した画風や傾向は見られず、むしろ、当時の前衛美術のさまざまな傾向を集めた観がある。
  • 批評を書き、映画撮影所に出入りして助監督などをしているうちに当時の前衛芸術であるシュールリアリズム運動を知る。
  • 当時の前衛運動である運動に関与した。
  • レジェはこうした当時の前衛的な美術運動に参加しつつ、キュビスムとも抽象絵画とも異なった独自の様式を確立していく。
  • ストックホルムにいた頃からすでにモダニズムの傾向を見せていたが、1920年前後のパリ滞在中に当時の前衛作曲家であるダリウス・ミヨーとモーリス・ラヴェルと親交を持つようになった。
  • 当時の前衛的技法を作曲に取り入れている。
  • ブラッドリーは当時の前衛音楽に造詣が深く、ぶつかった衝撃を表す効果音の代わりに前衛音楽風の不協和音を用いるなど、漫画音楽を前衛的技法の実験の場としても捉えていた。
  • これがきっかけで、「クリスチャニア・ボヘミアン」という、当時の前衛作家・芸術家のグループと交際するようになる。
  • これは当時の前衛音楽家の常識からすると「暴挙」であったが、思い切った行動だったために、時代の寵児とみなされるのも早かった。
  • フェッラーラは、1580年代から1590年代にかけて、当時の前衛音楽の中心地であり、そのような環境下でストリッジョも、少なくとも1589年まで作曲活動を続けた。
  • この第二回展は、ミュンヘン在住の画家たちの作品のほかに、遠くパリからもピカソ、ブラック、ルオーら当時の前衛画家たちの絵が寄せられ、近代絵画国際展の観があったが、この展覧会に対する新聞や雑誌、大衆の評判は惨憺たるものであった。
  • 黒田清輝らのアカデミックな画風が支配的であった日本洋画界に、当時の前衛絵画であったフォーヴィスムを導入した先駆者として、萬の功績は大きい。
  • ソヴェトの芸術が格段に自由だった時期に作曲されており、当時の前衛作曲家であるイーゴリ・ストラヴィンスキーやベラ・バルトーク、パウル・ヒンデミットや新ウィーン楽派に啓発されている。
  • 初期は当時の前衛を参照した聞きづらい音選びがなされながらも、音色的に硬質で明るいためになぜかポップに聴こえる独特な音楽であったが、80年代以降前衛が低調になったことにあわせてクラシック的な音選びに回帰し、1990年代の「アンティフォニー」では協奏的ソナタ形式への再挑戦がなされている。
  • 現代においては多数の作曲家が雅楽から着想を得ているが、まず第一に挙げられる例としては、松平頼則が雅楽に着想を得た作風を基本としながらもセリー技法や不確定性など当時の前衛的な技法を取り入れた多数の創作を手がけ、オリヴィエ・メシアンやピエール・ブーレーズにも影響を与えた。
  • 当時の前衛的手法と合唱が用いられており、楽章構成を破棄した単一楽章の形式、無調・27声部におよぶウルトラ対位法などの技法が見られる。
  • また、間宮芳生、中西夏之、高松次郎、赤瀬川原平ら当時の前衛芸術家の作品とコラボレーションをした。
  • ゲーム序盤で流れる「TUNA SASHIMI」の特徴的ナレーションや、作曲者が実子の声をサンプリングしたとされる最終ステージBGM「SayPaPa」など、同時期作品である『ニンジャウォーリアーズ』の津軽三味線と並び当時の前衛的ZUNTATAサウンドを象徴する作品の一つである。
  • 「Genesis III」で見られる音によるアナキーズムへの挑戦、交響曲第1番のグロテスクなモノディー、「Scontri」の鉱物的なクラスターの響きは、正に当時の前衛そのものであった。