当時の内務省

37 の用例 (0.00 秒)
  • この方針は当時の内務省が描く日本の都市の理想像を示した興味深いものである。
  • 形の上では当時の内務省に属していたが、実態は軍事組織に他ならず、指揮系統や組織も人民警察とは明確に区別されていた。
  • 当時の内務省では政治的な利益誘導が慣習となっていた。
  • 当時の内務省文書課長は、現在この近くにおいでのはずです。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 当時の内務省は矯正も所管していたため、刑務官も警察官と一緒に教育を受けた。
  • 当時の内務省は高文を受験しなくても帝国大学で一定の基準以上の成績を取っていれば採用され、採用の年に改めて高文の試験をうけさせる例になっていたので、大学卒業の年に内務省の採用試験を受け合格した。
  • 植林用のクスノキは当時の内務省から配布されたものであったが、これは本来京都盆地には分布していない。
  • これらの組織は、青年の主体的運動によって生まれたというよりは、当時の内務省並びに文部省の主導の下、青年団を国家で管理するために生まれたという側面のほうが強い。
  • 当時の内務省に女が単身で、しかも有力者の紹介状も無しに直接局長に面会にくるなどということは絶無のことであった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • さらに1885年には、当時の内務省により國道39號に指定され、首都圏と東北地方を結ぶ重要な幹線として利用されてきた。
  • これは常盤台住宅地分譲の際、東武鉄道が当時の内務省都市計画課職員小宮賢一の設計を採用したことに由来する。
  • 当時の内務省には、合衆国の成長に伴い、多種多様な職務職責が次々と付与されていった。
  • 大正初期にドイツで行われた万国鉱泉博覧会では、当時の内務省より日本の名泉として推薦され、出展した。
  • 日中戦争下、1930年代に新興工業都市の政策により、軍事施設が相次いで進出し、北部では「軍都計画」と呼ばれる大規模な都市計画に基づく土地区画整理事業が当時の内務省神奈川都市計画地方委員会によって行われた。
  • 昭和11年1月に当時の内務省警保局特別警察部が作成した『海軍士官要監視人物』なる極秘資料に松田の名が記載されている。
  • また、玄関を中心とした左右対称構造とベランダを2層巡らした構造は当時の内務省庁舎に倣ったものである。
  • そこまではいいのだが、監督官庁である当時の内務省衛生局からさまざまな妨害を受けはじめ、それとの闘争がはてしなくつづくことになったのである。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • 当時の内務省は麹町区こうじまちくの大手町にあった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 事件当時の内務省の中川衛生局長は、いま大阪府知事となっているが、検事の照会に対して、自分はなにも知らないと答えている。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • ついには当時の内務省が仲裁に乗り出し、五島・早川の両者が地下鉄事業から手を引くことを条件に調停を行って、議決権の棚上げも決められた。
  • 次へ »