当時の公家

39 の用例 (0.00 秒)
  • 学芸のみならず、当時の公家には珍しく馬術にも秀でていたという。
  • 当時の公家社会では高い身分の娘と正式な婚儀が行われない限り、正式な妻である正室が置かれることはなかった。
  • 当時の公家社会の指導者の間でも前分・勘料徴収が一定の範囲内にて許容され、その適正化を図るのが基本方針であったとみられている。
  • 当時の公家の日記でも、訴えられた31条のうち、不法とされたのは1か条だけといわれる。
  • 当時の公家の日記には、些細なことで罰せられ所領を没収された多くの者達の名が書き連ねられている。
  • これは四条隆量を仕方なく罷免した上での措置であり、当時の公家社会では目を驚かすことであった。
  • また当時の公家の日記は、宮中行事を遂行するための所作などを後世に伝える目的も帯びていた。
  • 能は、当時の公家や武家の重要なもてなしであった。
  • 頼長が稚児や舞人、源義賢ら武士や貴族たちと男色を嗜んでいたことも書かれており、当時の公家の性風俗を知る上で貴重なものとされる。
  • なお、当時の公家において嫡子の証とされていたのは、所領よりも日記や公文書など代々当主に継承されてきた記録類であった。
  • 更に南北朝時代の久我長通は当時の公家社会における一門上首から家嫡系統を重視する風潮への変化に合わせて久我家を中院流の嫡流として確実にすることに力を注いだ。
  • 本来であれば、従一位である兼宣が准大臣宣下を受けて構築することは問題視されるものではないが、当時の公家社会は困窮しており摂関家ですら実際に裏築地を構築することを遠慮していた。
  • しかし、当時の公家の日記などには義満の行為が皇位簒奪計画の一環であるとしたり、その死を暗殺と疑った記録はなく、直接の証拠はない。
  • 表現上の特徴としては、元号・月の異称・遡日・晦日など、当時の公家や武家の日記に見られるような表記・年次の記載がない。
  • また、当時の公家社会において治天の君の勅勘や室町将軍の突鼻を受ける事は直ちに家の取り潰しにつながる可能性もあった。
  • 当時の公家の慣例通り、奉親も在任中に発生した官文書を自らの下で整理・保管していたが、それらは宣旨の発給をはじめ弁官局ひいては太政官の運営に欠かせない内容を多数含んでいた。
  • 当時の公家の日記『中右記』は「最下品の者が、第一国に任じられたのは院に近侍しているからだろう」との世評を載せている。
  • これについては、公家領や寺社領に関する訴訟を扱ってきた公家社会が年紀法自体に否定的な姿勢を示していたとする考え方もあるものの、御成敗式目第8条自体が単に武家社会における年紀法に関する考え方を示したに過ぎず、当時の公家社会において年紀法が採用されていたかどうかとは別次元の問題である。
  • 作家で歴史研究家の井沢元彦は著書の中で、帰化の本来の意味は「文明の低い国の人間が高い国を慕って同化する」とした上で、当時の公家たちがそれをわかっていながらあえて「帰化人」と呼んでいたのだから、それを教えるのが本当の歴史教育であると述べている。
  • 特に後者は大永7年から天正4年にかけての50年の長期にわたって記されており、当時の公家や戦国大名たちや上泉信綱などの動向が詳細に記されているだけでなく、彼自身が治療に携わった医療行為に関する詳細な記録も残されており、現存する日本で最古のまとまった診療録であるとも言われている。
  • 次へ »