当てるというもの

21 の用例 (0.00 秒)
  • 二組の超人がワザを披露し、どっちが勝つかを当てるというものである。
  • 彼の正体に関するヒントを出していき、解答者が正体を当てるというものであった。
  • 世界の珍品を見せて、その利用法を当てるというものだった。
  • 当てる方は、その右、左などと質問を繰り返して、最終的にはその絵を当てるというものであった。
  • 内容は、4つあるどこでもドアの中から、ドラえもんがどこにいるか当てるというもの。
  • トリックは部屋の外で選ばれたカードを当てるというもので、本堂に置かれたカードの中から一枚のカードを志摩ちゃんが覚えに行きました。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • ルールは一人3球ずつバッティングマシンから飛んでくる玉をバントし、参加者の顔が印刷された的に当てるというもの。
  • という質問を街頭インタビューで行った結果を上岡と紳助が当てるというもの。 姫野カオルコ『禁欲のススメ』より引用
  • これは、一旦分解された著名人の写真を貼り付けた各ピースが回転する形になっていて、それが誰かを推理して当てるというものであった。
  • 独楽を回して倒れた方向を当てるというものであるが、そのための独楽はひねりゴマである。
  • クイズは毎回ある商品を1点ずつ取り上げ、その値段を当てるというものだった。
  • そのトリックは特定のカードにジャスミンの匂いをつけ、それを手掛かりにカードを当てるというものです。 泡坂妻夫『11枚のトランプ』より引用
  • 内容は前番組をマイナーチェンジしたものであり、番組がさまざまな「謎」について実験した結果を解答者が当てるというものだった。
  • 放送開始から約半年間は、VTRを見てそれがどこの都道府県であるか当てるというものだったが、視聴率が伸び悩んだことから、アンケートクイズで日本国民の世論を予想する内容に変わった。
  • その棋士が誰かを当てるというもの。
  • 早実高校のスタイルはバットを短く握ってコツコツ当てるというものであったため、OBのひとりが榎本の打撃を矯正しようとしたが、榎本は従わなかった。
  • ルールは基本的に賞金1万円からのスタートで、日替わりの合言葉をヒントに、隠された4文字のキーワードを当てるというものだが、電話口に出た挑戦者が誤答するか、5回程度のコールで挑戦者が電話口に出られなかった場合は、当日の賞金を翌日に持ち越して上乗せするというものであった。
  • これは、買収者が設立したダミー会社が、ジャンク債の発行及び銀行借入れによって買収資金を調達し、公開買付けなどの方法で買収を行い、買収が成功した後に対象会社をダミー会社に吸収合併させた上で、存続会社のキャッシュフローを借入れの返済に当てるというものである。
  • ゲストの好物などの高級な缶詰や瓶詰めを「店主」の国分が試食し、その後ゲストが食べたいと思ったものを、残りのメンバーが当てるというもので、前身番組の『メントレG』の後半で行われていた「メントレGレストラン」の流れを汲んだものとなっている。
  • 毎回素人参加者が数名登場しその参加者の持つ特技、趣味、自慢などを渡辺紳一郎、藤原あき、藤浦洸、塩月弥栄子ら著名人などの解答者が当てるというものであった。