当てるため

52 の用例 (0.00 秒)
  • コームズは他の優先事項にも当てるために大きな税率を求めていた。
  • 寝室の窓は開けはなたれ、シーツを風に当てるためベッドがまくられていた。 シムノン/長島良三訳『メグレと深夜の十字路』より引用
  • 威力を無視して、どんなに軽くても良いからとにかく広範囲に当てるためのものだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第11巻』より引用
  • 的とは投射物を使用し、狙って当てるための目標のこと。
  • 標的に当てるためには、基礎訓練が絶対に必要なのだ。 池上永一『レキオス』より引用
  • 霧が確実に当てるため、接近してきていた。 FlyingShine『CROSS†CHANNEL †2 3,「CROSS POINT(3周目)」』より引用
  • エンジンルームの構造によっては外気を効率良く当てるためにダクトを利用したものもある。
  • それはやりにくくて、直角に耳に当てるためには拳銃を握った右手を少し遠ざける必要があった。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • れてしまったポルシェを風に当てるため、今朝は車で通勤する。 大石圭『殺人勤務医』より引用
  • しかも関銭は朝廷の維持費用に当てるために、内蔵寮くらりようの役人が徴収することになっていた。 安部龍太郎『戦国秘譚 神々に告ぐ(上)』より引用
  • しかし、上記の射撃要素のように以前よりも相手に正確に弾丸を当てるための戦術要素が加えられているために、不意をとられると即刻やられてしまう危険性が増している。
  • とびらのそばの片すみには、何か特別の用に当てるためのものらしい品が二処ふたところに積んであって、一つは鉄の類らしく、一つはなわの類らしかった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • また、手持ち型のものには、集風器とは逆に頭髪全体に風を当てるために拡散器が付属されることもある。
  • 当てるためには、ある程度ノーマルな攻撃を命中させて、脚を止めなきゃならねえ。 川原礫『アクセル・ワールド 02 -紅の暴風姫-』より引用
  • この半クラウンは、ひとつには、連盟の会員になりたがっている志願者の熱意の表示のため、またひとつには、事務費に当てるためだった。 モーム/北川悌二訳『人間の絆(上)』より引用
  • 寸止めでも防具を用いることがあるが、防具付き空手では実際に当てるために、絶対に壊れず衝撃を脳に与えないものでなければならない。
  • これは、平日ではあるが工場などでの作業を行わずに、矯正「教育」に当てるために作られた日で、施設によっては指定されたテレビ番組やラジオ番組を視聴し、感想文などの提出を求めるところもあるが、専門職員が不足していることもあり、本来の目的が果たされているかは疑問が残る。
  • また、毎年7月と8月はテレビ東京が関係する劇場アニメの宣伝に当てるため原則としてジャンクションは存在しない。
  • その弁済に当てるためもあって、打出小槌町の邸は処分し、都内のマンションへでも移る。 城山三郎『打出小槌町一番地』より引用
  • 通常は前戯として短い時間しか当てないが、メーカーの特徴としてかなり長時間当てるため、既存の電マ物と女性の反応がまるで違う。
  • 次へ »