当たる

全て 動詞
12,043 の用例 (0.02 秒)
  • もし、目的の物が無かったら早く別のところを当たるつもりだったのさ。 霞流一『フォックスの死劇』より引用
  • 何としてもその人を陽の当たるところへ連れ出さなければならなかった。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第03巻 「白亜宮の陰影」』より引用
  • 試みに顔に当たる光を動かしてさまざまの方向から照らして見るがよい。 和辻哲郎『古寺巡礼』より引用
  • 俺の手が彼女の胸に当たってしまったのは、俺が意図したものではない。 新津きよみ『女友達』より引用
  • 建物はT字型をなして、どの部屋にもが当たるように設計されている。 大藪春彦『蘇える金狼 野望篇』より引用
  • 乱れる髪も頬に当たる風も、彼女を映画の中にいるような気分にさせた。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • 当たってみた家のどこにも、少女を殺しそうな人間は住んでいなかった。 東野圭吾『赤い指』より引用
  • 雨のあしの当たる所はどんな所も突き破られるような強雨ごううが降るのである。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 集団の方がトラを発見しやすいし、協力して防衛に当たることもできる。 竹内久美子『浮気人類進化論 きびしい社会といいかげんな社会』より引用
  • かすかにしか日が当たらないため、地面にはまったく草が生えていない。 時雨沢恵一『キノの旅 第01巻』より引用
  • わずかだが高台に当たるために水は二十五、六センチといったところだ。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • 当たらずといえども遠からずというところまで持ってきたのは頭がいい。 アイルズ/宮西豊逸訳『殺意』より引用
  • 私の部下一名と警備の兵はトラックの監視に当たるようにとのことであった。 イネス/池央耿訳『孤独なスキーヤー』より引用
  • 娘の髪に、春のような陽光が当たっているのすら見えたような気がした。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 彼の言う七〇年代生まれは、年齢でいうと二十歳から三十歳に当たる。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 古い家の台所は陽の当たらない北向きの場所に設定されていることが多い。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 慶応三年といえば西暦千八百六十七年、実に十九世紀の後半期に当たる。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • また、グループリーグで対戦したクラブとも当たらないよう考慮される。
  • また、一定の責任を持って管理・運営に当たる者が必要になってくる。 宮川典子『青空文庫ものがたり』より引用
  • そこは勧誘のテーブルが作る長い花道の突き当たりに当たる場所である。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たたかう青少年』より引用
  • 次へ »