強いるわけ

7 の用例 (0.00 秒)
  • 自分一人なら寒さも我慢できるが、幼い紫にそれをいるわけにもいかない。 片山憲太郎『紅 第01巻』より引用
  • それでも私は、わが娘に、気の進まない結婚を強いるわけにはゆかないよ。 佐藤正彰訳『千一夜物語 05』より引用
  • 初めに彼が考えていたように、こんな遅い時間にかれらに仕事を強いるわけにはいかなかった。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • 強いるわけにはいかなかった。 ウルフ/中村佐喜子訳『燈台へ』より引用
  • 大名たちが拝謁するときは、板張りの上にひざまずくのがしきたりだが、まさか外国人にそのような姿勢を強いるわけにもいくまいというので、結局立ったままでそれを許すことになった。 古川薫『桂小五郎(下)』より引用
  • マレー人は定義上ムスリムであることから、イスラームが禁じる豚肉を食べないが、他の民族に豚肉の生産や消費に禁止を強いるわけではない。
  • 訴訟教唆罪というのは、ある市民を次から次へと訴訟を起こして絶えず悩まし、これらいずれに対しても、時間と金を浪費させながら自己を弁護しなければならなくなる場合で、これは同時に法廷とその担当者にも不当な拘束をいるわけである。 G・O・スミス『ブレーン・マシーン』より引用