強いるよう

58 の用例 (0.00 秒)
  • これを農民らに負担を強いるようしむけたものだと考える研究者もいるが、差し戻し審を前回と別の裁判所で行うのは当時の慣例だったという主張もある。
  • このことは、戦況の悪化が総力戦体制を、それまで見逃されていた特権階級にも次第に強いるようになっていったことを示すものでもあった。
  • わたしは、テダルドが何ら強いるようなことをしなかったことを、よく存じております。 ボッカッチョ/柏熊達生訳『デカメロン(上)』より引用
  • しょうの物を見たら、これはほんとうに驚くのかも知れぬが、写真だけでは、立体感を強いるような線ばかりが印象して、それに、むっちりとしたししおきばかりを考えて描いているような気がして、むやみに僧房式な近代感を受けて為方しかたがなかった。 折口信夫『山越しの阿弥陀像の画因』より引用
  • その誰もが、一番親しかった者がその記憶をよみがえらせることを強いるように、微笑を含ませたひとみを集中させ固定しようとひしめいている。 島尾敏雄『出発は遂に訪れず』より引用
  • と、徹吉は心にいるように考えてみた。 北杜夫『楡家の人びと (下)』より引用
  • こういった意見について石原千秋は、ケータイ小説を携帯電話上で読むのと書籍が読むのとでイメージが異なることを認めつつも、携帯電話で読むことを読者に強いるような原理主義を批判し、最初に発表されたときの形態に固執するならば文庫という出版形態まで否定することになると述べている。
  • 近代文学は〈見る〉と〈聴く〉を拒絶して沈黙の言語をたどることを自らにも読者にも強いるような長い歴史を歩いてきた。 吉本隆明『悲劇の解読』より引用
  • はる子は、千鶴子が、過度に自分の言葉に重み、完成さというようなものをつけ対手に印象を強いるような癖があるのなどもそんな故と思わぬではなかった。 宮本百合子『沈丁花』より引用
  • 自分に強いるようにして医局へ引き返しながら、治夫は英子がこんなことをした動機を考えた。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 老母は半分諦あきらめていて、死ぬのなら岩が育つのを見ずに早く死にたかったのと、名医の手にかかって死にたいという奇妙な熱意で、方法について慎重に考えこんでいる青洲に強いるようにして手術をうという態度だった。 有吉佐和子『華岡青洲の妻』より引用
  • 「こっちへはいっていらっしゃって、はいっていらっしゃって」と彼女は強いるような命令口調で叫んだ。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(1)』より引用
  • 人にあまえるような愛、人にいるような愛、人を弱くしようとする愛、人をたかぶらせる愛、それらが私の生活になかったといえるか。 三木清『語られざる哲学』より引用
  • 同時に、私は、今日の私の言葉が、君らを強制して、盲従もうじゅういるような結果にならないことを、心からいのらずにはいられない。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 自分に納得を強いるように彼女は頷き、微笑み返した。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • それも、自分のその感情が正当であることを教授と仲間に承認をいるような、明らかな、わざとらしさで注射器をかざしながら。 大江健三郎『死者の奢り・飼育』より引用
  • 芸当を強いるようで、朝子は、 「およしなさいよ」 と止めた。 宮本百合子『一本の花』より引用
  • ソ連政治部の方針に基づいて、思想教育はこれまで見てきたように活発に行われ、ついには「スターリンに対する感謝決議文」を起草し全員に署名を強いるようになる。 御田重宝『シベリア抑留』より引用
  • が靖胤は自分に強いるようにそれを敢えてした。 石原慎太郎『遭難者』より引用
  • と強いるように言った。 島崎藤村『破戒』より引用
  • 次へ »