強いるよう

58 の用例 (0.00 秒)
  • 実の頼みは、茶話のようで、その実無理にもいるような力を持ていた。 島崎藤村『家』より引用
  • 会話は中性的で、被害者の家族特有の同情を強いるような態度がない。 小栗虫太郎『後光殺人事件』より引用
  • 虚偽の自白を強いるような手段はまったくとられなかったのです。 江戸川乱歩『江戸川乱歩全短編02 本格推理Ⅱ』より引用
  • 実戦では、おれに限界以上を強いるような敵は現れなかった。 雨木シュウスケ『聖戦のレギオスⅠ 眠りなき墓標群』より引用
  • その訓練を受けていない沙織をそこに残すのは、犬死を強いるようなものだった。 勝目梓『私設断頭台』より引用
  • 首をかしげる相手に、どうしても、と強いるように赤間はいった。 笹倉明『遠い国からの殺人者』より引用
  • そのよすがとして、家へ戻ってから三週間ほどしてでしょうか、ある夜自分にいるようにして妻の体を求めました。 石原慎太郎『生還』より引用
  • この襲撃はどちらの目的も果たせなかったが、北軍をしてその地域をより慎重に守らせることを強いるようになった。
  • 誤った二分法は、特に選択を相手に強いるような状況で生じる。
  • 母星にそんな辛い選択を強いるようになれば、死ぐらいではあがないにならない、と多くの者が感じていた。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 01 星界の断章 Ⅰ』より引用
  • マルグリットはほとんど無理に強いるようにして、わたしにパリへ行くことをすすめました。 デュマ・フィス/石川登志夫訳『椿姫』より引用
  • 赤間は、それを察知して、ほかに理由があるのかどうか、答えを強いるように尋ねた。 笹倉明『遠い国からの殺人者』より引用
  • 彼はこの事件に、なにか複雑微妙で、発見者の側にある程度不誠実を強いるような面を見出していた。 コンラッド/井内雄四郎訳『密偵』より引用
  • 本心の明らかでない、その癖変に対手の感謝を強いるような佃の返答は、伸子の心を暗くした。 宮本百合子『伸子』より引用
  • そして友人にはみな、強いるようにして、その一読をすすめた。 大杉栄『自叙伝』より引用
  • やがて私の手をしっかりと拘束したことを確認すると、私に何かを強いるような、寒々しくて痛々しい沈黙が訪れた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 強いるように頬に手を添えて接吻し直そうとした時、彼女は一瞬のけぞるようにして後ろの隅に寝ている和彦をふり返った。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 描く主題によって様式は決まっており、たとえば聖母子を題材とした作品の場合であれば描く手の位置まで指定され、作品を見るものに対して鑑賞法を強いるような構成で描かれていた。
  • 汚職の告発は今でも日常のことであり、幾つかの国は大統領の辞任を強いるような危機を経験したが、普通の文民政府が続いている。
  • 彼が誰にもせよ人に命令する権利を持っていなかったばかりか、たまたま出会った人々に服従を強いるようなことはこれっぽちもなかったのに、相手は即座に喜んで、彼の言いなりになるのだった。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『猟人日記(下)』より引用
  • 次へ »